2008年06月16日

人間は勝手な動物


キングコング 原題:KING KONG
製作1976年 アメリカ 監督:ジョン・ギラーミン
脚本:ロレンツォ・センプル・Jr
出演:ジェフ・ブリッジス、ジェシカ・ラング


巨大なコングが大暴れするパニック映画なんですかね?
でも、コングは何も悪くないです。
人間の汚さ、利己的な部分が浮き彫りにされ
ラストなんて観ててつらかったです。

ストーリーと感想はコチラ


posted by マミイ at 23:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

ヒーローとは。

UNBREAKABLE.jpg
アンブレイカブル 原題:UNBREAKABLE
製作2000年 アメリカ 監督:M・ナイト・シャマラン
脚本:M・ナイト・シャマラン
出演:ブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソン
ロビン・ライト・ペン


なんだかこっそりとシャマラン祭り開催中です。
(と言いつつ、『ハプニング』は映画館に行けないけど。)
いい意味で人の期待を裏切るシャマラン監督が好きです。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 09:38| 大阪 ☔| Comment(8) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

派手さはそんなにないけれど


フューリー 原題:THE FURY
製作1978年 アメリカ 監督:ブライアン・デ・パルマ
原作:ジョン・ファリス
脚本:ジョン・ファリス
出演:カーク・ダグラス、ジョン・カサヴェテス、
エイミー・アーヴィング


超能力を持った少年少女とその親の物語なのですが、
そんなに超能力は発揮されず(もちろん要所要所ではありますが)
どっちかというと、父の苦悩なんかがメインでした。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 15:03| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

自分とは?


アイランド 原題:THE ISLAND
製作2005年 アメリカ 監督:マイケル・ベイ
脚本:カスピアン・トレッドウェル=オーウェ、
アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー
出演:ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン
ショーン・ビーン、スティーブ・ブシェミ


近未来SFです。
こういうのを観ると、現在の自分、今まで歩んできた人生とか
本当だったのかな?と疑ってみたくなりませんか?
消せるもんなら消してしまいたい過去、
それは本当は違うもの・・・・・・かもね!?

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 00:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

何がどう変わったのか


フェノミナン 原題:PHENOMENON
製作1996年 アメリカ 監督:ジョン・タートルトーブ
脚本:ジェラルド・ディペゴ
出演:ジョン・トラボルタ、キーラ・セジウィック
フォレスト・ウィテカー、ロバート・デュバル


トラボルタが出ているという事で観てみましたが
やっぱりトラボルタはよかったです!
『パルプ・フィクション』で見事に復活をはたしてくれていて
よかったです。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 23:47| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

不思議な街


ダークシティ 原題:DARK CITY
製作1998年 アメリカ 監督:アレックス・プロヤス
脚本:アレックス・プロヤス、レム・ドブス
デビッド・S・ゴイヤー
出演:ルーファス・シーウェル、キーファー・サザーランド
ジェニファー・コネリー、ウィリアム・ハートストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 15:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

壮大なスケール!


インデペンデンス・デイ 原題:INDEPENDENCE DAY
製作1996年 アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ
脚本:ディーン・デブリン、ローランド・エメリッヒ
出演:ウィル・スミス、ビル・プルマン、ジェフ・ゴールドブラム


スケールのでかい映画でした。
でっかい宇宙船、そして人類みな兄弟!(・・・違うか)
あまりの壮大さに半分ポカ〜ンとしながら観てしまいました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 22:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

すごい世界


メトロポリス 原題:METROPOLIS
製作1926年 ドイツ 監督:フリッツ・ラング
脚本:テア・フォン・ハルボウ、フリッツ・ラング
出演:アルフレート・アーベル、ブリギッテ・ヘルム


1926年製作です。日本は何時代???
鉄腕アトムよりも前に実写で近未来映画を
作ってしまうんですから、ドイツってすごいですよね。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 12:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

奇跡か偶然か


サイン 原題:SIGNS
製作2002年 アメリカ 監督:M・ナイト・シャマラン
脚本:M・ナイト・シャマラン
出演:メル・ギブソン、ホアキン・フェニックス
ロリー・カルキン、アビゲイル・ブレスリン


予備知識も何もなしに観ました。
ただただ、シャマラン監督の作品だという事で。
毎回、監督は今回はどんな役で出てくるのかなぁ・・・と
楽しみにしてるのは私だけでしょうか?(笑)

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 06:22| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

言葉がなくても通じる気持ち


ニューヨーク東8番街の奇跡 原題:BATTERIES NOT INCLUDED
製作1987年 アメリカ 監督:マシュー・ロビンス
脚本:ブラッド・バード、マシュー・ロビンス、
ブレント・マドック、S・S・ウィルソン
出演:ジェシカ・タンディ、ヒューム・クローニン


スティーブン・スピルバーグ製作総指揮の
心温まるSFコメディです。
言葉が通じなくても気持ちは伝わるものですよね!


ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 20:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

綺麗やったわ〜


イーオン・フラックス 原題:AEON FLUX
製作2005年 アメリカ 監督:カリン・クサマ
脚本:フィル・ヘイ、マット・マンフレディ
出演:シャーリーズ・セロン、マートン・ソーカス


シャーリーズ・セロンが綺麗でした。
強く美しい刺客・・・・・似合いますね!

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 21:18| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

哀しき男の運命


デッドゾーン 原題:THE DEAD ZONE
製作1983年 カナダ 監督:デビッド・クローネンバーグ
原作:スティーブン・キング
脚本:ジェフリー・ボーム
出演:クリストファー・ウォーケン


スティーブン・キング原作です。
人にはない能力を持ってしまったとき、
それは喜ぶべきコトなのでしょうか?

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 20:52| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

映像もお話もセピア色


スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー
原題:SKY CAPTAIN AND THE WORLD OF TOMORROW
製作2004年 アメリカ・イギリス 監督:ケリー・コンラン
脚本:ケリー・コンラン
出演:ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロウ
アンジェリーナ・ジョリー


昔の雰囲気あふれる映画です。
昔なんだけど、ロボットも出てきて未来っぽい・・・・
お話もそんな感じでした。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 09:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

記憶と記録


ファイナル・カット 原題:THE FINAL CUT
製作2004年 カナダ・ドイツ 監督:オマー・ナイーム
脚本:オマー・ナイーム
出演:ロビン・ウィリアムズ、ミラ・ソルヴィノ、
ジム・カヴィーゼル


輝かしい人生なら他人に見られてもかまわないでしょうが
自分の人生がいつか他人に見られるかも、なんて私は嫌です。
ちょっと怖い未来のお話でした。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 12:24| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

カワイイから許せる!?


グレムリン 原題:GREMLINS
製作1984年 アメリカ 監督:ジョー・ダンテ
脚本:クリス・コロンバス
出演:ザック・ギャリガン、フィービー・ケイツ


子供の頃に観たっきりで内容を全く覚えていませんでした。
ギズモ、かわいいですね♪
グレムリン達のやってる事は正直えげつないんですが
元の姿を考えると許してしまうような・・・・・
自分にやられたら、絶対に許しませんがね!(笑)

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 22:14| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

チカラをあわせて!


アルマゲドン 原題:ARMAGEDDON
製作1998年 アメリカ 監督:マイケル・ベイ
脚本:ジョナサン・ヘンズリー、J・J・エイブラムス
出演:ブルース・ウィリス、ベン・アフレック、リブ・タイラー


今までもちょこちょこ途中を観た事はあったのですが
初めて最初から終わりまでみました。
真面目なお涙頂戴だけのお話じゃなかったんですね。
悲喜こもごもあるのが人生!ですね。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 09:21| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

ややこしや〜

ブレイン・スナッチャー 恐怖の洗脳生物
原題:THE PUPPET MASTERS
製作1994年 アメリカ 監督:スチュアート・オーム
原作:ロバート・A・ハインライン
脚本:デビッド・S・ゴイヤー、テッド・エリオット、
テリー・ロッシオ
出演:ドナルド・サザーランド、エリック・タール


もうすぐ公開のニコール・キッドマン主演の『インベージョン』と
同一原作なのかと思っていたら、全くの別物でした。
本作はロバート・A・ハインラインの「人形つかい」
『インベージョン』や『ボディ・スナッチャー』は
ジャック・フィニィの「盗まれた街」が原作です。
どちらも寄生エイリアンもの・・・ややこしいったらありゃしない。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 09:53| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

真面目でわかりやすかった


2010年 原題:2010
製作1984年 アメリカ 監督:ピーター・ハイアムズ
原作:アーサー・C・クラーク
脚本:ピーター・ハイアムズ
出演:ロイ・シャイダー、ジョン・リスゴー、ヘレン・ミレン


スタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』の続編です。
監督が違うので作風も違ったものになっています。
『2001年・・・』が観念的な作品だったのに対して
本作は真面目なドラマでした。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 11:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

最後は痛快!


バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3
原題:BACK TO THE FUTURE PART V
製作1990年 アメリカ 監督:ロバート・ゼメキス
脚本:ボブ・ゲイル
出演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド
メアリー・スティーンバージェン


3作目の舞台は開拓時代です。
PART2と一緒に製作されたので、続けて観るとおもしろいです。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 07:06| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

真ん中は難しい!?


バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 
原題:BACK TO THE FUTURE PART U
製作1989年 アメリカ 監督:ロバート・ゼメキス
脚本:ボブ・ゲイル
出演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド
リー・トンプソン、トーマス・F・ウィルソン


3部作の真ん中です。
1が大人気だったので慌てて2と3を製作したそうですが・・・。
3も観てもらいたいという気持ちはわかりますが、
あまり前面に押し出されすぎると、逆に萎えちゃいます。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 17:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。