2013年11月10日

出オチではなかった

gyakutensaiban.jpg
逆転裁判
製作2011年 日本 監督:三池崇史
原作:カプコン
脚本:飯田武、大口幸子
出演:成宮寛貴、斎藤工、桐谷美玲、石橋凌、小日向文世


ブログDEロードショー第二弾です。
お店でミステリーものを探してうろついていたら見つけました。
多分、この企画でないと観なかったかも。笑
でも、コスプレの出オチ物ではなく真面目に作ってました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 23:45| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 法廷モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

お国が違えば


12人の怒れる男 原題:12
製作2007年 ロシア 監督:ニキータ・ミハルコフ
脚本:ニキータ・ミハルコフ、ヴラディミル・モイセイェンコ、
アレクサンドル・ノヴォトツキイ=ヴラソフ
出演:セルゲイ・マコヴェツキー、ニキータ・ミハルコフ


シドニー・ルメットの『十二人の怒れる男』のロシア版リメイクが
出たというのでずっと観たかった作品です。
お国が違えば、状況が違う・・・・・
ただのリメイクではなく、興味深かったです。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 12:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 法廷モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

どん底を知っているからこそ


評決 原題:THE VERDICT
製作1982年 アメリカ 監督:シドニー・ルメット
原作:バリー・リード
脚本:デビッド・マメット
出演:ポール・ニューマン、シャーロット・ランプリング


今さらですが、ポール・ニューマンはシブいです。
ご冥福をお祈りいたします。
若い頃のギラギラした感じもいいですが、
年をとってからも本当にかっこよかったです。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 13:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 法廷モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

人には善も悪もある


真夜中のサバナ
原題:MIDNIGHT IN THE GARDEN OF GOOD AND EVIL
製作1997年 アメリカ 監督:クリント・イーストウッド
原作:ジョン・ベレント
脚本:ジョン・リー・ハンコック
出演:ジョン・キューザック、ケビン・スペイシー
ジュード・ロウ、アリソン・イーストウッド


ジョン・キューザックが好きなので彼が出てる作品は
必ず観るようにしてますが、だいたいいい作品が多いですね。
選んで出演してるんでしょうか?
だとしたら、私とセンスが同じなので嬉しいです♪

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 00:13| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 法廷モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

人を裁く事の難しさ


12人の優しい日本人
製作1991年 日本 監督:中原俊
脚本:三谷幸喜と東京サンシャインボーイズ
出演:塩見三省、相島一之、梶原善、豊川悦司


三谷幸喜主宰の劇団の舞台の映画化です。
タイトルからもわかるように
『十二人の怒れる男』がモチーフになっています。
日本人らしい作りもあって、真面目だけど笑えるし
『怒れる〜』が好きな私でも満足できました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 23:35| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 法廷モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

すさまじい口撃(こうげき)!


情婦 原題:WITNESS FOR THE PROSECUTION
製作1957年 アメリカ 監督:ビリー・ワイルダー
原作:アガサ・クリスティ
脚本:ビリー・ワイルダー、ハリー・カーニッツ
出演:タイロン・パワー、マレーネ・ディートリッヒ
チャールズ・ロートン


アガサ・クリスティ原作『検察側の証人』の映画化です。
法廷ものって場面展開が少ないのですが、
セリフだけでぐいぐいひきこまれてしまいます。
今回は法廷以外の弁護士と看護師のやり取りも最高!
名画ですね!!

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 12:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 法廷モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

ココロを操る


ニューオーリンズ・トライアル 原題:RUNAWAY JURY
製作2003年 アメリカ 監督:ゲイリー・フレダー
原作:ジョン・グリシャム
脚本:ブライアン・コッペルマン、デビッド・レヴィーン、
マシュー・チャップマン
出演:ジョン・キューザック、レイチェル・ワイズ
ジーン・ハックマン、ダスティン・ホフマン


ジョン・キューザックが出てるから・・・・・と
軽い気持ちで観たら、なかなかどうして、
おもしろい作品でした。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 12:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 法廷モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

それがオチかぁ・・・・・


ディアボロス 悪魔の扉 原題:THE DEVIL'S ADVOCATE
製作1997年 アメリカ 監督:テイラー・ハックフォード
原作:アンドリュー・ネイダーマン
脚本:ジョナサン・レムキン、トニー・ギルロイ
出演:キアヌ・リーブス、アル・パチーノ、シャーリーズ・セロン


設定的にもおもしろくって中盤まではグイグイひきこまれました。
ただ、終盤が・・・・・。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 15:36| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 法廷モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

若さっていいよね


レインメーカー 原題:THE RAINMAKER
製作1997年 アメリカ 監督:フランシス・フォード・コッポラ
原作:ジョン・グリシャム
脚本:フランシス・フォード・コッポラ
出演:マット・デイモン、クレア・デインズ、ジョン・ボイト
ダニー・デビート、ミッキー・ローク


先日マット・デイモンの半生みたいなのをCS放送でみたのですが
この作品に主演した事で『グッド・ウィル・ハンティング』を
映画化する事ができたのだそうです。
ありがとう!コッポラ監督!!
内容は法廷ものです。
135分という長さを感じず、一気に観ました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 02:05| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 法廷モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

ドッキドキの緊迫感


十二人の怒れる男 原題:12 ANGRY MEN
製作1957年 アメリカ 監督:シドニー・ルメット
脚本:レジナルド・ローズ
出演:ヘンリー・フォンダ、リー・J・コッブ


このお話、すごく好きなのです。
密室で12人の男たちが話し合うだけで
アクションなんてまるでないのに、ものすごい緊迫感で
飽きることなくグイグイひきつけられてしまうのです。

ヘンリー・フォンダ・・・『黄昏』がめっちゃいいです!
素晴らしい俳優さんですね。


ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 19:53| 大阪 ☀| Comment(11) | TrackBack(5) | 法廷モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

ジャンル分けが難しい


エミリー・ローズ 原題:THE EXORCISM OF EMILY ROSE
製作2005年 アメリカ 監督:スコット・デリクソン
脚本:ポール・ハリス・ボードマン、スコット・デリクソン
出演:ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン
ジェニファー・カーペンター


TVでCMをみた時から気になっていた作品。
悪魔憑きになったエミリーがめちゃめちゃ怖かったんです。
でも、かといって、純粋なホラーかというと
そうでもないんですよね。
物語の大半は法廷ですから・・・・・。
そうはいってもホラー的要素はビンビンなので
観る時は覚悟して観てください。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 16:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 法廷モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。