2011年10月27日

痛みは生きている証


ファイト・クラブ 原題:FIGHT CLUB
製作1999年 アメリカ 監督:デビッド・フィンチャー
原作:チャック・パラニューク
脚本:ジム・ウールス
出演:エドワード・ノートン、ブラッド・ピット、
ヘレナ・ボナム=カーター


男の映画だなぁと思います。
女が集まってもこんな風にはならないはず。
(まあ、フツウの男性もこうならないですけど^^;)
男ってどうしようもなくだらしなくって
・・・・・・とんでもなくかっこいいです。



ストーリーと感想はコチラ


posted by マミイ at 04:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

それぞれの人生、それぞれの生き方


美しい人 原題:NINE LIVES
製作2005年 アメリカ 監督:ロドリゴ・ガルシア
脚本:ロドリゴ・ガルシア
出演:エルピディア・カリーロ、ロビン・ライト・ペン、
リサ・ゲイ・ハミルトン、ホリー・ハンター、
アマンダ・セイフライド、エイミー・ブレネマン、
シシー・スペイセク、キャシー・ベイカー、
グレン・クローズ、ダコタ・ファニング


奇しくも先日観た『コレラの時代の愛』の
原作者の息子が監督さんでした。
人生ってビミョ〜にリンクしたりするから
おもしろいんですね。

感想はコチラ
posted by マミイ at 23:58| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

貞操観念の違い


コレラの時代の愛 原題:LOVE IN THE TIME OF CHOLERA
製作2007年 アメリカ 監督:マイク・ニューウェル
原作:ガブリエル・ガルシア=マルケス
脚本:ロナルド・ハーウッド
出演:ハビエル・バルデム、
ジョバンナ・メッツォジョルノ、ベンジャミン・ブラット


だいたいのあらすじを聞いていたので
純愛の物語だと思っていたら
日本とは貞操観念がかなり違ったので
おったまげてしまいました。


ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 23:38| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

最高のパートナー


最高の人生の見つけ方 原題:THE BUCKET LIST
製作2007年 アメリカ 監督:ロブ・ライナー
脚本:ジャスティン・ザッカム
出演:ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、
ショーン・ヘイズ


主演お2人とも好きです。
成熟したワインのように深い味わいのある演技を
楽しめました。


ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 07:57| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

抜群の空気感と生々しさ


空気人形
製作2009年 日本 監督:是枝裕和
原作:業田良家
脚本:業田良家
出演:ペ・ドゥナ、ARATA、板尾創路


前々からちょっぴり気になっていた作品です。
どんな話なのか想像できなかったのですが、
結構生々しくってビックリしました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 04:19| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人は簡単には変わらない


グラン・トリノ 原題:GRAN TORINO
製作2008年 アメリカ 監督:クリント・イーストウッド
脚本:ニック・シェンク
出演:クリント・イーストウッド


この作品はイーストウッドでないと
撮れないんではないでしょうか。
しかも、イーストウッドが演じないと
はまらないような気がしました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 03:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

愛に正解はない


抱擁のかけら 原題:LOS ABRAZOS ROTOS
製作2009年 スペイン 監督:ペドロ・アルモドバル
脚本:ペドロ・アルモドバル
出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、
ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス


ちょっぴり退屈で一度観るのを止めてしまったのですが
次回のブログDEロードショーが偶然にも
ペドロ・アルモドバル監督作品であったため、
本作もきちんと観てみる事にしました。
(私の好きなペネロペ・クルスも出ているし。)

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 16:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

子どもはとっても大切な宝物

女はそれを待っている 原題:NARA LIVET
製作1958年 スウェーデン 監督:イングマール・ベルイマン
原作:ウルラ・イザクソン
脚本:ウルラ・イザクソン
出演:イングリッド・チューリン、エヴァ・ダールベック、
ビビ・アンデショーン


Google翻訳で原題を英語になおすと「Brink of Life」
日本語に訳すと「生命の危機にひんし」となります。
出産って今まで何人かの人に話を聞いたことがありますが、
どの人の話もドラマチックだし、
何人かは本当に生命の危機に瀕しています。
生命を生むという行為は本当に命がけなのです。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 01:59| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

自分の居場所


ザッツ★マジックアワー ダメ男ハワードのステキな人生
原題:THE GREAT BUCK HOWARD
製作2008年 アメリカ 監督:ショーン・マッギンリー
脚本:ショーン・マッギンリー
出演:ジョン・マルコビッチ、コリン・ハンクス、
エミリー・ブラント


コリン・ハンクス君がみたくって
レンタルした作品です。
が、他にもチラリとイイ男が出ていて
何気に得した気分になりました。笑

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 10:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

いつも しあわせ

ポリアンナ 原題:POLLYANNA
製作1960年 アメリカ 監督:デビッド・スウィフト
原作:エレナ・ホグマン・ポーター
脚本:デビッド・スウィフト
出演:ヘイリー・ミルズ、ジェーン・ワイマン、
リチャード・イーガン


1986年にハウス世界名作劇場で
「愛少女ポリアンナ物語」として放送されていたのを
ずっと観てました。
当時は本も借りて読んだと思います。
ポリアンナは私の人生の師匠です。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 09:18| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

死んだらどうなる?


ラブリーボーン 原題:THE LOVELY BONES
製作2009年 アメリカ・イギリス・ニュージーランド
監督:ピーター・ジャクソン
原作:アリス・シーボルト
脚本:フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン、
ピーター・ジャクソン
出演:シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、
レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、
スタンリー・トゥッチ

設定的にはあまり観たくない内容だと思っていましたが
シアーシャちゃんが演じているというので
やっぱり観てみる事にしました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 23:50| 大阪 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

今ではフツウ!?


アメリカン・サイコ 原題:AMERICAN PSYCHO
製作2000年 アメリカ 監督:メアリー・ハロン
原作:ブレット・イーストン・エリス
脚本:メアリー・ハロン、グィネヴィア・ターナー
出演:クリスチャン・ベール、ウィレム・デフォー、
ジャレッド・レトー、クロエ・セヴィニー、
カーラ・セイモア、リース・ウィザースプーン


前に一度観たことがあったのですが、
もっと古い作品かと思ってました。
以前はもっと衝撃的だと思ったのですが、
今ではありえる話になってしまいましたねぇ・・・。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 08:45| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

ヒトの欲望


尼僧ヨアンナ 原題:MATKA JOANNA OD ANIOLOW
製作1961年 ポーランド 監督:イェジー・カヴァレロヴィチ
脚本:イェジー・カヴァレロヴィチ、タデウシュ・コンヴィッキ
出演:ルチーナ・ウィンニッカ、ミエチスワフ・ウォイト


シネフィル・イマジカの番組で中条省平さんが
オススメしてあったので観てみました。
どうでもいいですが
尼さんとか巫女さんとかって聞くとついつい
いけない妄想を抱いてしまいたくなりませんか?
・・・・・・ヘンタイですみません。
そんな映画ではありませんので、あしからず。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 00:02| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

大人の階段


ラースと、その彼女 原題:LARS AND THE REAL GIRL
製作2007年 アメリカ 監督:クレイグ・ギレスピー
脚本:ナンシー・オリバー
出演:ライアン・ゴズリング


シチュエーションを聞いただけではコメディなのかと
思っていましたが、ところがどっこい、
いい話で優しくなれました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 22:57| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

見えない事で見えてくるもの


ブラインドネス 原題:BLINDNESS
製作2008年 日本・ブラジル・カナダ
監督:フェルナンド・メイレレス
原作:ジョゼ・サラマーゴ
脚本:ドン・マッケラー
出演:ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、
ガエル・ガルシア・ベルナル、伊勢谷友介、
アリス・ブラガ、ダニー・グローバー


以前のブログDEロードショーでみた
『シティ・オブ・ゴッド』の監督さんの作品で
何度かスルーしていたのですが、やっと観れました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 09:52| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

どちらを選んでも・・・


ダイアナの選択 原題:THE LIFE BEFORE HER EYES
製作2008年 アメリカ 監督:ヴァディム・パールマン
原作:ローラ・カジシュキー
脚本:エミール・スターン
出演:ユマ・サーマン、エバン・レイチェル・ウッド


ちょっと暗い話です。
自分ならどうするか考えられません。
答えは出ないけれども、割とスッと観れました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 00:21| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

静かにみまもる


ベルリン・天使の詩 原題:DER HIMMEL UBER BERLIN
製作1987年 西ドイツ・フランス 監督:ヴィム・ヴェンダース
脚本:ヴィム・ヴェンダース、ペーター・ハントケ
出演:ブルーノ・ガンツ、ソルヴェーグ・ドマルタン、
ピーター・フォーク


遅くなりましたが、第15回ブログDEロードショーの
お題でした。
ネットレンタルで順番待ちすること3カ月・・・
やっとこさ届きました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 23:45| 大阪 | Comment(6) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

人生はたたかいだ


ライムライト 原題:LIMELIGHT
製作1952年 アメリカ 監督:チャールズ・チャップリン
脚本:チャールズ・チャップリン
出演:チャールズ・チャップリン、クレア・ブルーム、
バスター・キートン


序盤でチャップリンが言ったセリフが
ずっと心に残りました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 21:45| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

なんとな〜く、幸せ


素敵な人生のはじめ方 原題:10 ITEMS OR LESS
製作2006年 アメリカ 監督:ブラッド・シルバーリング
脚本:ブラッド・シルバーリング
出演:モーガン・フリーマン、パス・ベガ


邦題からはあまり観る気がしなかったのですが
(劇場未公開作品のようです)
ゆったりした感じでよかったです。
やっぱ、モーガン・フリーマンはいい人!!

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 23:04| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

嫌いじゃない雰囲気


ウィスキー 原題:WHISKY
製作2004年 ウルグアイ・アルゼンチン・ドイツ・スペイン
監督:フアン・パブロ・レベージャ、パブロ・ストール
脚本:フアン・パブロ・レベージャ、パブロ・ストール、
ゴンサロ・デルガド・ガリアーナ
出演:アンドレス・パソス、ミレージャ・パスクアル、
ホルヘ・ボラーニ


完全にお酒が出てくる映画だと思ってました。
作中にウイスキーが出てきた時に
「こっちか!?」と思わず叫びそうになりました。

ストーリーと感想はコチラ
posted by マミイ at 01:07| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。