2008年05月31日

自然じゃないけど、自然な演技


三匹荒野を行く 原題:THE INCREDIBLE JOURNEY
製作1963年 アメリカ 監督:フレッチャー・マークル
原作:シーラ・バーンフォード
脚本:ジェームズ・アルガー

動物好きにはオススメの1本!
きちんと調教されて演技しているのだろうけど
そうは見えず、本当に旅をしているような
ワンちゃんネコちゃんでした。

(あらすじ)
ハンター一家はイングランドに出かけるため
友人のロングリッジ氏にレトリバーのルーア、
ブルテリアのボジャー、シャム猫のテーオを預けていた。
ロングリッジ氏が留守の間に3匹は300km離れた
我が家を目指して旅に出る・・・・・。


3匹が仲良しなのがとっても微笑ましいです。
厳しい自然の中で助け合って生きていこうとします。
自然も美しいので観てるだけで癒されました。
今回は吹き替え版だったのですが、
うちの子@4歳も楽しそうに観てました。
お子様にもオススメの逸品です。
楽しいだけじゃなくって小動物を狩るシーンや
それを食べるシーン(直接的ではなく羽が散らばっている)
もあり、自然の厳しさも教えられます。


1993年に『奇跡の旅』としてリメイクされています。
こちらの方は動物がしゃべるようになり
(マイケル・J・フォックスやサリー・フィールドが
声を担当しています。)
結構擬人化されていたのですが、本作は
ドキュメンタリー・タッチでほぼナレーションだけです。
私はこっちの方が好きかなぁ。


posted by マミイ at 05:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 冒険・ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。