2008年05月22日

誰でもヒーローになれる


靴をなくした天使 原題:HERO
製作1992年 アメリカ 監督:スティーブン・フリアーズ
脚本:デビッド・ウェッブ・ピープルズ
出演:ダスティン・ホフマン、ジーナ・デイビス
アンディ・ガルシア、ジョーン・キューザック


人はみな、善か悪かのステレオタイプではなく、
みんなの心にもヒーローになれる素質があるという
非常にいいメッセージをこめた映画でした。

(あらすじ)
バーニーは窃盗罪で保釈中の身。
ある日自分の目の前で飛行機事故が起き、
夢中で乗客を救助するが、乗客の鞄を盗み
事故現場から姿を消す。
マスコミ達は泥だらけのヒーローは誰かとこぞって騒ぎ立て
賞金まで出し大騒ぎに。
そんな中、ババーという人物が自分だと名乗り出た・・・・。


バーニーは自分を護る弁護士の財布までちょろまかすような
ロクデナシで世の中をひねた視線で見ていて
みているとイライラするような人物です。
でも、やる時はやる!
やっぱ、ダスティン・ホフマンはうまいです。

ババーも最初は賞金目当てに名乗り出たけれど、
実はとってもいい人。
彼の行動も他の人が簡単に真似ができるものではないです。

この作品がおもしろかったのは、
小悪党なバーニーが乗客の命を救い、
偽物のヒーローであるはずのババーも
単純に悪いとはいえないところです。

人の中には善な部分もあれば悪な部分もある。
誰だってヒーローになれるんだという
勇気を与えてくれる映画でした。


posted by マミイ at 14:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。