2008年05月17日

歴史の荒波の中で


王妃マルゴ 原題:LA REINE MARGOT
製作1994年 フランス 監督:パトリス・シェロー
原作:アレクサンドル・デュマ
脚本:ダニエル・トンプソン、パトリス・シェロー
出演:イザベル・アジャーニ、ダニエル・オートゥイユ、
ジャン=ユーグ・アングラード、ヴァンサン・ペレーズ


アレクサンドル・デュマ原作の歴史超大作の映画化です。
デュマといえば、「モンテ・クリスト伯」や「三銃士」ですが、
こちらも見応えがありました。


(あらすじ)
16世紀フランス、カトリックとプロテスタントが対立する中、
病弱な国王シャルル9世にかわり実権を握っていたカトリックの母后カトリーヌは自分の娘マルゴをプロテスタントである
ナバール領の王アンリに嫁がせる。
宗教統一がなされたかに思えたが、聖バルテルミーの虐殺が
行われてしまう・・・・・。


マルゴ役のイザベル・アジャーニがお美しいです。
妖艶です。淫らです。
最初はおつきの公爵夫人ともども
淫婦にしか見えないほどでした。

画面は暗めなのですが、大虐殺の凄惨さは伝わりました。
「死屍累々」という言葉通りでした。
小説だからフィクションなのですが、
史実と重なる部分があるとリアリティを感じてしまいます。
歴史を知ってるとよりおもしろいのかもしれません。

あとでウィキペディアで調べたのですが、
国王の弟もアンリ、ナバール王もアンリ、ギーズ公もアンリで
「三アンリの戦い」というのもあるみたいですね。
みんなアンリなのでややこしいな〜と思いながら観てました。
(ギーズ公はギーズ公と呼ばれてましたが。)


戦争や虐殺が起こるのは権力者のちっぽけな欲が
発端だったりします。
そんなコトの為に大勢が死に、運命に翻弄されたのだと思うと
ものすっごく虚しくなってしまいます。


posted by マミイ at 01:58| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。