2008年04月06日

○○色の世界


トレインスポッティング 原題:TRAINSPOTTING
製作1996年 イギリス 監督:ダニー・ボイル
原作:アーヴィン・ウェルシュ
脚本:ジョン・ホッジ
出演:ユアン・マクレガー


前に観た時は正直言って気持ち悪かったのです。
ヤク中の人の見ている世界を体験しているようで。
今回も共感はできなかったけれど、受け入れることはできました。
トミーのエピソードなんてちょっと泣けました。
・・・でも、ドラッグをやってみたいとは思いませんけどね。

(あらすじ)
レントンは悪友達とつるんでヘロインを打ったり、
万引きをしたり、デタラメな毎日を送っていた。
ドラッグ断ちを思いたつものの、最後にもう一度・・・と
結局変わらない日常を送るのだが・・・。


禁断症状の時の映像は正直怖いです。
本当にそんな風に感じたりするのかもしれません。
そんな思いを味わいながらもなぜか
また同じ事を何度も繰り返してしまう・・・・・
ドラッグの魅力?魔力?ってすごいなぁと思います。
(リハビリ後のスッキリ感を味わいたくて・・・という
すんごい動機も本で読んだことありますが。)

どう見ても友達とは思えない関係だったりするのに
それでも友情を大切にしてしまったりするのは
なんとなくキモチはわかりました。
でも、やっぱりドラッグはよくないっす。

まあ、私はドラッグなんかやらなくっても
超プラス思考で勝手に脳内で幸せな変換しちゃってるから
やりたい気持ちが起きないのかも!?


posted by マミイ at 01:11| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。