2008年03月30日

後に残るものは?


親切なクムジャさん 英題:SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE
製作2005年 韓国 監督:パク・チャヌク
脚本:パク・チャヌク
出演:イ・ヨンエ、チェ・ミンシク


『復讐者に憐れみを』『オールド・ボーイ』に次ぐ
復讐三部作の完結編です。
・・・・・私は前2作とも未見ですが。

(あらすじ)
クムジャは誘拐殺人事件の犯人として13年間服役した。
実は彼女は無実であり、真犯人がいた。
刑務所内では優しく親切なクムジャとして皆の信頼を得ていた。
出所後、彼女には目的があった・・・・・。


復讐するためには固い意志が必要です。
いついかなる時も、復讐の事しか考えていないのでしょうね。
復讐が果たされた時、人はどうなるのでしょうか?
殺された子が帰ってくるわけでもなし、
自らの手を血で汚す価値はあるのか・・・・・
それでも、真犯人がのうのうと生きているのは許せません。
どうにもならない哀しみが作品中に漂っていました。


イ・ヨンエは本当にキレイですね。
私はあんまりドラマは見ないのですが、
『宮廷女官 チャングムの誓い』は欠かさずみてました。
私より年上だとはとてもじゃないが思えません。
美しい人が黙って目的を遂げようとするのは・・・・・
怖いです。


posted by マミイ at 16:15| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

映画「親切なクムジャさん」イ・クムジャ…彼女の優しさの裏にある?感情がある意味で恐かったです。

時には、自分の身までかけてくれた=そこまでされた側は黙って従うしかないですよね。

憎い犯人にイ・クムジャが再び会った時が、ある意味で残虐な復讐劇の始まりだったのですね。

私にはラストシ-ンが、イマイチ分かりませんでした。
Posted by かのな at 2012年01月12日 12:52
かのなさん、こんばんは。

タダより高いものはないと昔から言いますが、
純粋な親切心ってないのかもしれませんね。
(誰でも心のどこかに「やってあげた」っていう
気持ちがあると思いますし。)

すみません、正直言って
内容はほとんど覚えていません(>_<)
クムジャさんはいつから復讐を考えていたんでしょうね。
刑務所に入った時から既に復讐劇はスタートしていたのかもしれません。
Posted by マミイ at 2012年01月12日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。