2008年03月27日

あなたも、私も・・・・


マルコヴィッチの穴 原題:BEING JOHN MALKOVICH
製作1999年 アメリカ 監督:スパイク・ジョーンズ
脚本:チャーリー・カウフマン
出演:ジョン・キューザック、キャメロン・ディアス
キャサリン・キーナー、ジョン・マルコビッチ


チャーリー・カウフマン脚本の一筋縄ではいかないお話です。
たくさん登場人物がいるはずなのに、終わった後は
ジョン・マルコビッチのコトしか頭に残りません!?

(あらすじ)
売れない人形師のシュワルツは変なビルの会社に
ファイル係として就職する。
ある日ファイルの詰まったロッカーの奥に穴を見つけ
入ってみると、そこは俳優のジョン・マルコビッチの
頭の中だった・・・・・!?


話がぶっとんでるので、正直言って
1回観ただけじゃよくわかりませんでした。
ジョン・キューザックもキャメロン・ディアスも好きなのに
主役がこの2人だと気づかなかったぐらいですから。
今回は2回目だったけど、ちゃんとわかってるかどうか
まったく自信ナッシング!!
日が経つにつれ、結局ジョン・マルコビッチの事しか
思い浮かばなくなりそう・・・・・!?

マルコビッチの友人としてチャーリー、
チャーリー・シーンが出てくるのですが
私はチャーリー・シーンも好きなんですよ。
テキト〜な事言ってのらりくらりしてるチャーリー、
昔の紳士靴のCMに出てた時とは大違い。
・・・・・それでも好きですよ〜。(笑)


posted by マミイ at 07:39| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 不思議系・難解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャリ坊の映画は傑作ばかりですよね。

「ネイビーシールズ」「メジャーリーグ」「プラトーン」「ターミナル・ベロシティ」「アライバル」等。

特筆は「ホット・ショット」シリーズ。
信じられないオモシロさ!!

「マル穴」の役も好きです。
こんなところにひょっこり出てくる辺りのがチャリ坊のすごさ。

「ホット・ショット3」を待ちます。
Posted by shit_head at 2008年03月29日 21:30
チャリ坊一家はステキですね。
マーティンパパもエミリオ兄も大好きです。

『ホット・ショット』最高!!!
一緒に3が出るのを心待ちにしましょうね。(笑)
Posted by マミイ at 2008年03月30日 05:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。