2008年03月12日

ほっとけない!?


ヴェラ・ドレイク 原題:VERA DRAKE
製作2004年 イギリス・フランス・ニュージーランド
監督:マイク・リー 
脚本:マイク・リー
出演:イメルダ・スタウントン


なかなか難しいテーマでした。
終わった後から考えてはいるのですが、
結局まとまりませんでした。
でも、レビュー書いちゃいます。

(あらすじ)
お人よしの主婦ヴェラ・ドレイクは近所で困っている人がいると
ほってはおけない性格。
2人の子と夫と幸せな生活を送っていたが、実はヴェラには
裏の顔があった。
妊娠して困っている女性に堕胎の処置をしていたのだ・・・。


イメルダ・スタウントンが人のいいおばちゃんを
好演しています。
医療資格がなく堕胎行為を行うのは危険であり、違法ですが
ヴェラからしてみたら、困っている女性をほっとけないのです。

違法だから・・・と一概にヴェラの行為を
非難するコトはできないな、とも思いました。
あまり詳しい描写はなかったですが、
病院での堕胎は高額でヴェラを頼るしかない女性達には
到底払える額ではないのです。
彼女達はヴェラを頼るしかなかったのです。


作品では犯罪者となってしまったヴェラの家族の心情も
描いていたと思いますが、私はあまり関心をもちませんでした。
ヴェラが、人のいいおばちゃんがどうなるのか
とにかく気になってしょうがなかったです。
イメルダ・スタウントン、すばらしいっす!


posted by マミイ at 06:46| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。