2008年02月16日

そんなに甘くない


甘い生活 原題:LA DOLCE VITA
製作1959年 イタリア・フランス 監督:フェデリコ・フェリーニ
脚本:フェデリコ・フェリーニ、エンニオ・フライアーノ、
トゥリオ・ピネッリ、ブルネッロ・ロンディ
出演:マルチェロ・マストロヤンニ
アニタ・エクバーグ、アヌーク・エーメ


なんだかよくわからない映画でした。
マルチェロ・マストロヤンニは魅力的でしたが。

(あらすじ)
元作家志望で新聞記者のマルチェロはナイトクラブで
上流階級の娘マッダレーナと出会い一夜をともにする。
家に帰ると婚約者のエンマが自殺未遂で
意識がもうろうとしているので慌てて病院へと運ぶ・・・・。


マルチェロを軸に女性が入れ替わり立ち替わりするだけといえば
それだけです。
でも、途中で止める事もなく最後まで観れました。
な〜んか、観てしまうんです。
それがフェデリコ・フェリーニの魅力なのでしょうか。

ラストも何かを感じたような、感じなかったような。
うまく言葉にはできません。
でも、人生はそんなに甘くはなかったような気がします。


posted by マミイ at 21:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。