2008年02月15日

すげ〜、かっこいい!


DEATH NOTE デスノート the Last name
製作2006年 日本 監督:金子修介
原作:大場つぐみ、小畑健
脚本:大石哲也
出演:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香


前編の時も思ってましたが、やっぱ松山「L」が
かっこよかったです。
私は漫画のラストは好きではないのですが、
映画は原作どおりではなかったのも好感がもてました。

(あらすじ)
夜神月(やがみ らいと)はLと協力して
キラ事件を捜査する事になる。
Lはまだ月がキラである事の疑いは捨てていない。
そんな時に「第二のキラ」を名乗る人物が現れ・・・・・。


原作のおもしろいところだけを抽出して
テンポよくストーリーが進んでいきます。
ラストも思ってもなかったところから種明かしが出てきて
なかなかおもしろかったです。

「死神」というありえない設定だから
じゃっかん都合のいい何でもありな部分もありますが、
それでもドキドキする2人の対決がみられます。

前編でも思いましたが、とにかくLの松山くんが
はまりすぎ!
そりゃあスピンオフもできちゃいますね。
原作ではただあやしかっただけのLですが、
松山くんが演じるとちょっとオチャメなんです。


posted by マミイ at 15:56| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もレンタルしてきて見たよ

鹿賀さんを見ると♪いーじゃないーじゃないーじゃない〜
が真っ先に浮かんできて、次に悪役の戦国自衛隊が浮かんで…
顔が濃いからずっと気になってました(笑)

Lの23日は気になるよね
私は月君側で見ていたからかなりドキドキしたよ

余談だけど実際に”月”でライトと子供に名付ける人もいるみたい
今は月でルナちゃんの時代だしね(◎o◯;)
Posted by ナベッチ at 2008年02月17日 08:42
鹿賀さん、濃いよね。
昔の映画だけど真田広之主演の
『麻雀放浪記』にも出てるから
100円レンタルの日にチェックしてみて。(笑)

私は原作読んでるから知ってたけど
内容を知らない人は新作のCMみたら
「あ、Lって死んじゃうんだ。」って
思いっきりわかっちゃうよね。

私も漫画の時は月派だったけど、
映画ではL派に路線変更しちゃった。

子供がいじめられないように・・・って
同姓同名の子がいないように
月と書いてライトと読む名前にしたらしいのに
作者の意図が台無しだね。
まあ我が子に「悪魔」って名づけようとする人も
いる時代だから(ちょっと古いかな)
ありえない話じゃないよね。
Posted by マミイ at 2008年02月17日 18:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。