2008年02月13日

教科書は教えてくれない


スパルタカス 原題:SPARTACUS
製作1960年 アメリカ 監督:スタンリー・キューブリック
原作:ハワード・ファスト
脚本:ダルトン・トランボ
出演:カーク・ダグラス、ローレンス・オリビエ
チャールズ・ロートン、ジーン・シモンズ


高校の時は世界史選択だったので
スパルタカスの乱は習った覚えがあります。
教科書ではたった1行だけだったと思いますが
200分近い一大スペクタクルに仕上がっていました。

(あらすじ)
紀元前1世紀、奴隷のスパルタカスは剣闘士として
厳しい訓練を受けていた。
やがて反乱を起こし、ベスビオ山に続々と
仲間が集まってきた・・・・・。


長時間でしたが、割と飽きる事なく観ました。
(とはいえ、なかなか時間が作れず
何度も中座しながらの鑑賞でしたが。)
スパルタカスとバリニアの恋愛もステキだったし
訓練シーンも戦闘シーンもかっこよかったです。
終盤のローマ軍との戦闘なんて野鳥の会みたいに
双眼鏡片手に何人いるのか数えたくなるくらい
大勢いりみだれてました。

例え死ぬとわかっていても自由を勝ちとるためには
戦い続けなければいけない・・・・
哀しい運命の中で必死に人間らしく生きようとする
人々にココロうたれました。


三頭政治とかも少し出てくるので
つまらない授業するよりもこういう映画をみせてくれたら
歴史にもっと興味を持ったかもしれないな〜などと
思っちゃいました。
(授業で3時間はなかなか確保できないでしょうが)


posted by マミイ at 21:36| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 西部劇・時代劇・歴史もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。