2008年02月12日

キャラは濃いけど


キカ 原題:KIKA
製作1993年 スペイン 監督:ペドロ・アルモドバル
脚本:ペドロ・アルモドバル
出演:ヴェロニカ・フォルケ、ピーター・コヨーテ
ヴィクトリア・アブリル


登場人物はなかなか濃い〜面々でしたが
お話はいい意味で普通で楽しめました。
衣装デザインをジャン=ポール・ゴルチェが担当してるのですが
それを見るだけでもおもしろいかも。

(あらすじ)
キカはメイクアップアーティスト。
ある日放浪作家のニコラスに呼び出され家に行くと
彼の義理の息子ラモンが心臓発作で死亡していた。
ニコラスはキカに死化粧を依頼、
キカがラモンに触れると・・・・・。


マザコンのカメラマン、
凶悪事件を奇抜なファッションで追い続ける芸能リポーター、
レズビアンのメイドなど一筋縄ではいかない人物たちが
こぞって出てくるので、キカも本当は男なんじゃなかろうか?
とかあらぬ疑いをかけてしまいましたが、いたって
フツウの女性でした。

おしゃべりで、「私はリベラルな女性だから・・・」って
何でも前向きにとらえようとするキカは
憎めないかわいらしい女性でした。


最初にキカの回想みたいな感じで始まったのですが、
ラストは〆もなく終わってしまいました。
あのシーンはどうなっちゃったの?と気にもなりましたが
ま〜、それでもいいっしょ!と思えるような
明るいラストでした。
キカの人柄のおかげでしょうか???


posted by マミイ at 11:26| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。