2008年02月06日

愛されない孤独


市民ケーン 原題:CITIZEN KANE
製作1941年 アメリカ 監督:オーソン・ウェルズ
脚本:ハーマン・J・マンキウィッツ、オーソン・ウェルズ
出演:オーソン・ウェルズ


私が中学生くらいからある英語教材CDの宣伝文句に
「あの市民ケーンのオーソン・ウェルズが・・・」というのが
ありますが、市民ケーンもオーソン・ウェルズも
あまりよく知りませんでした。
1941年だからか〜な〜り古い作品なのですね。

(あらすじ)
新聞王ケーンが城のような大邸宅で亡くなった。
最期の言葉は「バラのつぼみ」。
新聞記者のトンプソンはその意味を調べるため
ケーンを知る人物を尋ね、その人となりを調べる・・・・。


人の愛し方がわからず、人から愛される事もない・・・・
お金があっても、孤独でいては幸せにはなれませんね。
ケーンはそんな人物でした。

「バラのつぼみ」は何なのか、気になりますが
ラストにはっとさせられ考えさせられる作品です。
監督は弱冠25歳にしてこの作品を作ったそうです。
すごい才能ですね。


どうでもいいですが、市民ケーンって人の名前とは思わず、
ハリケーンとかそういうイメージで
市民が暴動とか運動を起こしたのだとずっと思ってました。
あぁ、勘違い・・・・・。


posted by マミイ at 15:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。