2008年02月02日

封じこめた記憶


隠された記憶 原題:CACHE
製作2005年 フランス・オーストリア・ドイツ・イタリア
監督:ミヒャエル・ハネケ
脚本:ミヒャエル・ハネケ
出演:ダニエル・オートゥイユ、ジュリエット・ビノシュ


人は忘れる生き物です。
大事なコト、ど〜でもいいコト、何でもかんでも忘れていきます。
(忘れるから生きていけるのかも。)
時には故意に隠して本人すら覚えてない記憶もありますね。

(あらすじ)
テレビ局の人気キャスター、ジョルジュの家に
ある日1本のビデオテープが届く。
そこにはジョルジュの家を表通りから
隠し撮りした映像が映っていた。
ジョルジュも妻のアンも心当たりはなく不安が募る。
その後もビデオは何度も届くようになった・・・・・。


この監督の作品は3本目ですが、「なぜ?」の部分は
最後まで解明されない事が多いです。
今回も最後まで観ても誰が何のためにテープを送ってきたか
わかりませんでした。
犯人は観た人の判断にゆだねようとしているのか、
監督にとってどうでもいいコトなのかもしれません。

子供の頃についた小さな嘘、普段は隠れているけれど
いつまでもこびりついて残っている罪悪感は
誰にでもあると思います。
それに向き合うというのがこの映画のテーマなのでしょうか?

なんか、難しい事考えてたら眠れなくなってきました。
観終わった後、ものすごく後をひいた映画です。


posted by マミイ at 22:48| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議系・難解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。