2008年02月02日

厳しい鍛錬の結果


少林寺三十六房 原題:少林三十六房
製作1977年 香港 監督:リュウ・チアリャン
脚本:イー・クァン
出演:リュウ・チャーフィ


少林寺ものといえば、(そんなジャンルがあるかは?ですが、笑)
リー・リンチェイの『少林寺』か本作ですね。
やっぱ、修行シーンがいいっすね。

(あらすじ)
清時代の中国。清満族の支配者の圧政に耐えかねた若者
リュー・ユテは命からがら少林寺に逃げこむ。
体力が回復したユテはサンダと名を変え
35房もある厳しい修行に励む・・・・・。


何といっても修行!ですね。
修行シーンがめちゃめちゃおもしろいです。
自分も修行したくなってしまいます。
(私は根性ナシだからすぐに弱音吐いちゃいますがね、笑)
やっぱ、基礎は大事なのですよ。
おろそかにしちゃいけません!

主役のリュウ・チャーフィもりりしくてよいです。
なんと、『キル・ビル』にも出てたのですね。
(名前はゴードン・リュウとなっていますが。)
・・・・・思い出せないのでまた観なおさなきゃ!


posted by マミイ at 00:12| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます♪
今年もどうぞよろしくお願いします。
リアルの方、充実してるようですね。返信は時間のある時でいいですよ。

修行シーン、よくあんなに思いついたなぁと思えるくらいバリエーションがありましたよね。
実際にやったら体壊しそうでやや引いてしまったけど、なんか強くなれそうな雰囲気が漂ってます(笑)
大人しそうなお坊さんもみんなあれをやってきたというのが…。
「罰として…」と言いつつ、主人公の想いを優先してあげる優しさが印象に残りました。
Posted by 宵乃 at 2015年01月06日 14:46
宵乃さん、ご無沙汰しています。
本当に放置してしまい、申し訳ありません。

いい年なのに、仕事に遊びに全力投球で
人生で初めてかも!っていうくらい
充実した毎日を過ごしていました。

そろそろ落ち着こうと思うので(笑)
また、ぼちぼちブログも更新できたらなぁと思うので
またよろしくお願いいたします。

>修行シーン、よくあんなに思いついたなぁと思えるくらいバリエーションがありましたよね。
修行は自分がやるのはイヤですが
みてると熱くなってしまいます!
毎日コツコツやる事が重要なんでしょうね。
見習わなければ!!
Posted by マミイ at 2015年01月19日 16:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。