2008年02月01日

不敵な笑みが最高


ブラック・レイン 原題:BLACK RAIN
製作1989年 アメリカ 監督:リドリー・スコット
脚本:クレイグ・ボロティン、ウォーレン・ルイス
出演:マイケル・ダグラス、アンディ・ガルシア
高倉健、松田優作


本来の評価とはかけ離れてしまいますが、
つい、松田優作の遺作として観てしまいます。
不敵な笑み、圧倒的な存在感・・・・すばらしいです。

(あらすじ)
ニューヨーク市警のニックとチャーリーはレストランで
日本のヤクザの抗争に巻き込まれ追跡の後
佐藤を逮捕するが、日本大使館の要請により
佐藤を日本へ連行する事となる。
日本の空港で警察官に佐藤を引き渡したが、
実はヤクザの変装であり、佐藤を逃がしてしまう。
外国なので捜査権限がないにもかかわらず、
ニック達は捜査に加わろうとする・・・・・。


最初はニック達のおまぬけっぷりにビックリです。
そんな簡単に逃がしちゃうなんて・・・・。
その後も無理矢理捜査に加わり、やりたい放題で
お守りの松本刑事である健さんを困らせちゃうし。
(後に健さんが休職の憂き目にあった時に
「オレ達のせいで・・・」ってやっと気づいてた。
やる前に気づいてくださいな^^;)
中盤以降のマイキーは良かったです。
ニックとチャーリーの友情、ニックと松本の友情・・・
いいですね。
ラストがああいう結果になったのは
チャーリーに対するニックの熱い友情のせいだと思います。

松田優作はすごかったです。
中盤、アンディ・ガルシアを襲うシーンは鳥肌がたちましたよ。
殺気が尋常じゃないです。


一応私は大阪在住なので、ここはドコだ?って
考えながら観ました。
そうは言ってもあんまり市場や工場には行く機会がないので
日本っぽくないシーンも多々ありましたが。


posted by マミイ at 10:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。