2008年01月30日

壮大なスケール!


インデペンデンス・デイ 原題:INDEPENDENCE DAY
製作1996年 アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ
脚本:ディーン・デブリン、ローランド・エメリッヒ
出演:ウィル・スミス、ビル・プルマン、ジェフ・ゴールドブラム


スケールのでかい映画でした。
でっかい宇宙船、そして人類みな兄弟!(・・・違うか)
あまりの壮大さに半分ポカ〜ンとしながら観てしまいました。

(あらすじ)
ある日突然地球の主要都市に現われた超巨大なUFO群。
アメリカ大統領のトーマスは友好をはかろうとするが
UFO達はカウントダウンをしており、
地球は壊滅の危機に陥ってしまう・・・・・。


前にも観た事あるはずなのですが、
さっぱり覚えていませんでした。
宇宙人の陰謀かと思えるぐらいキレイさっぱりです!!(笑)
(ちなみに同じくエメリッヒ監督の
『デイ・アフター・トゥモロー』も覚えてないです。
なんでだ???)

スケールのでかさのためか、リアリティがないというか
(宇宙人にリアリティも何もあったもんじゃないか^^;)
いつか、わが身にふりかかるかも・・・って思えないんです。
地球の危機とかスケールでかいこと言いながら
やっぱり結局はアメリカばっかりで
よその国がちょこっとしか出てこないので
わざわざ地球規模にした意味があんまりなかったかも。
(無理矢理出した感がバリバリありました。)
酔いどれパイロットもいい仕事してるんですが、
ホントはそこは泣くシーンなんだろうけど
泣きたいとも思えなかったし。
(そこも泣かそうとしてるのがミエミエ^^;)

おもしろくなかったわけではないんですよ。
ウィルが宇宙人にパンチくらわしたり、
宇宙船に乗ってはしゃいでるのとか楽しかったですし。
とにかくウィル・スミスがかっこよかったです。
彼は間違いなくヒーローでしたね!


posted by マミイ at 22:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。