2008年01月25日

ホントの話だったんだ

ララミー・プロジェクト 原題:THE LARAMIE PROJECT
製作2002年 アメリカ 監督:モイセス・カウフマン
脚本:モイセス・カウフマン
出演:クリスティーナ・リッチ、スティーブ・ブシェミ、
ローラ・リニー、ピーター・フォンダ


冒頭に実際の事件を実際の町の住人にインタビューして
作った・・・という説明が出るのですが、
町の人がクリスティーナ・リッチやスティーブ・ブシェミなので
なんだか嘘っぽく見えてしまいました。

(あらすじ)
ワイオミング州ララミーは素朴な田舎であったが、
マシュー・シェパードという大学生が2人の若者に
暴行される事件が起きた。
マシューが同性愛者であった事から差別による
偏見が原因の犯罪、ヘイトクライムとして
アメリカ中が騒然となり、マスコミが町に殺到した。
カウフマン達は事件を題材にした劇を作るために
町の人にインタビューをしようとするが・・・・。


再現ドラマのような作り方なのですが、
被害者の友人がクリスティーナ・リッチだったり
救急病院の医者がピーター・フォンダだったりするので
リアリティがないというか、映画のようなフィクションだと
感じてしまったのです。
(・・・・・映画ですけどね、笑)

保守的な田舎町で起きたセンセーショナルな事件、
町の人は事件をなかった事にしようとしています。
同性愛者かどうか関係ないと言いつつも
無言で差別している・・・・・
沈黙の中にも暴力はあるのだなと思いました。


posted by マミイ at 16:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。