2008年01月23日

それぞれの思惑


めんどりの肉 原題:CHAIR DE POULE
製作1963年 フランス・イタリア 
監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
原作:ジェームズ・ハドリー・チェイス
脚本:ジュリアン・デュヴィヴィエ、ルネ・バルジャヴェル
出演:ロベール・オッセン、カトリーヌ・ルヴェル


脚本がしっかりしているためか、グイグイひきこまれました。
それぞれが思うところがあって駆け引きするのが
たまらなくおもしろかったです。

(あらすじ)
錠前工のダニエルとポールは金庫破りを目論むが失敗、
ダニエルのみ捕まってしまう。
が、その後ダニエルは脱走し無一文で放浪しているところを
トマという男性に助けられる。
トマの美人の奥さんはダニエルの素性に気づき
トマの金庫を開けるようにダニエルをそそのかすが・・・・。


ダニエルが根っからの悪人であればお話は簡単なのですが
善人の部分もあり、もちろん弱い部分もあるため
どっちに転がるのかわからず、ドキドキしながら観ました。

「めんどり」というのは売春婦のスラングなのだそうです。
本作ではトマの若妻の事なのですが、
みんないとも簡単にこの女の魅力のとりこになります。
女もわかっててやってます。
「嫌なのよ!」とか言いつつも金のためには
わが身さえ平気で売るオンナ・・・・・怖いです。


posted by マミイ at 16:18| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。