2008年01月19日

かけがえのない友情


スタンド・バイ・ミー 原題:STAND BY ME
製作1986年 アメリカ 監督:ロブ・ライナー
原作:スティーブン・キング
脚本:レイノルド・ギデオン、ブルース・A・エバンス
出演:ウィル・イートン、リバー・フェニックス
コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネル


スティーブン・キング原作の不朽の名作ですね。
スティーブン・キングはホラーやミステリーじゃない方が好きです。
まるでロックバンドのバラードだけが好き、みたいな感じ?
・・・・・・邪道ですよね。(爆)

(あらすじ)
作家のゴーディは新聞で昔の親友クリスが死んだ事を知る。
12歳の頃、小さな街で過ごしたかけがえのない時間。
ゴーディ、クリス、テディ、バーン・・・・・
4人はいつも集まって遊んでいた。
ある日バーンは兄達が30kmほど離れた地で
死体を見つけた話をしているのを偶然聞いてしまう。
4人は線路を歩いて死体を見に行く、ちょっとした冒険を
思いつくのであった・・・・・。


こんな子供時代を過ごしてはいないのですが、
この映画は好きです。
当時の音楽もいいですよね。
もちろん、ラストのスタンド・バイ・ミーなんてめちゃいい!
思わずホロリとしてしまいます。

子供だけど、子供なりに一生懸命生きています。
ほんのちょっとの好奇心から端を発した冒険でしたが、
冒険を始める前と後で少年達の顔つきが変わっているのが
印象に残りました。
バカ話をするのも必要だったし、
本当の心のうちを打ち明けた事も必要。
無駄な時間なんて一切ありませんでした。


何度も観ているはずなのですが、今回初めて
ゴーディのお兄ちゃんがジョン・キューザックである事を
知りました。
不良のリーダーはキーファー・サザーランド。
どっちも若くってカッコイイっす!!


posted by マミイ at 17:42| 大阪 ☁| Comment(8) | TrackBack(1) | 青春・友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

映画「スタンドバイミ-」懐かしいですね。

故リバ-・フェニックスの出演映画作品は、私が観たのは他には
「リトルニキ-タ」
「殺したいほどアイラブユ-」
「恋のドッグファイト」
「インディ・ジョ-ンズ最後の聖戦」
等を観た記憶があります。

この映画では、チンピラのボス?というかエ-ス役だったキ-ファ-・サザ-ランドは、私が観た映画作品では悪役が多かったです。
「ハマ-スミスの6日間」「評決のとき」
良い役の時は確か
「レネゲイズ」
だったと思います。

コリ-・フェルドマンは、テディ・ディチャンプ役でその父親は、かつては第二次世界大戦の時にノルマンディ-上陸作戦に兵士の一人として参加していたらしかったのですが、今は頭がおかしくなっていて?テディは顔や耳に大やけどを負った…という設定でしたね。

それでも、そんな父親を一途に慕う一面がありましたね。
Posted by かのな at 2012年01月12日 18:08
かのなさん、こんばんは。

リバー・フェニックスは繊細な少年の役がピッタリです。
(他のはあまり観た事がないですが、
「マイ・プライベート・アイダホ」のリバーはすごく好きです。)

キーファーは私の中では「三銃士」のアトスです。
「ヤングガン」でもそうでしたが、硬派なイメージがあります。

この頃のコリー・フェルドマンは好きでした。
子役の宿命か、麻薬中毒に苦しみ
段々と名前が聞かれなくなってしまいましたね。
Posted by マミイ at 2012年01月12日 21:51
こんばんは。

故リバ-・フェニックスは、もし生きていたら
映画「インタビュ-ウィズヴァンパイア」のインタビュア-役になっていたかも知れない…?というのを何かで観た?か読んだ?様な記憶がありました。

彼が急死したので急遽クリスチャン・スレイタ-に決まった?のでしょうか…?
Posted by かのな at 2012年01月13日 00:07
かのなさん、こんにちは。

>彼が急死したので急遽クリスチャン・スレイタ-に決まった?のでしょうか…?
そのようですね。
「インタビュー・・・」の仕事が決まった後
麻薬の過剰摂取で急死したそうです。
(当時ジョニー・デップが経営していたクラブの前で倒れていたそうです。
その場にいて救急車に同乗し、彼の死を看取ったのが
リバーの親友であるレッドホットチリペッパーズの
ベーシスト、フリーです。)

若くして死ぬのは本人にも周りにもつらい事ですね。
もっと活躍するリバーがみたかったです。
Posted by マミイ at 2012年01月13日 11:05
>冒険を始める前と後で少年達の顔つきが変わっているのが印象に残りました。

ホント、ぜんぜん違いましたよね。
彼らの問題が解決したわけじゃないけど、何も無駄じゃなかったというのが伝わってきます。
この日の思い出が、これから先の彼らの支えになったんだと思うと涙が…。
それを表現した子役たちも素晴らしいです。

>ゴーディのお兄ちゃんがジョン・キューザック
>不良のリーダーはキーファー・サザーランド。

ふたりとも若かったですね〜。前に観たのが20年前だったので、ぜんぜん覚えてませんでした。
Posted by 宵乃 at 2014年05月28日 14:17
宵乃さん、こちらにもありがとうございます。

>この日の思い出が、これから先の彼らの支えになったんだと思うと涙が…。
>それを表現した子役たちも素晴らしいです。
毎日考えながら生きているわけではないでしょうが
でも、その当時を考えるとフッとそこに行く事ができる
・・・・・そんな風に彼らの支えになっていたのではと思ってます。

>ふたりとも若かったですね〜。
ちょっとしか出てないですが
よく見ると光っていますよね。
(こっちが勝手に注目してるだけなんですけど(^^;)
なんて言ってますが、何度目かの再見まで全く気が付いていませんでした。
Posted by マミイ at 2014年05月29日 07:33
この映画本当に素晴らしいですね。
大好きです。
何度みたことでしょう。
みなさんのコメントを拝見して、更にまた見たくなりました。

あのテーマソングも聴くとすぐにワクワクするくらい大好きです。
Posted by かえるまま at 2014年06月07日 20:59
かえるままさん、こんにちは。

>みなさんのコメントを拝見して、更にまた見たくなりました。
映画ブログ冥利に尽きます!
私も皆さんのブログを見て、興味を持ったことたくさんあります。
実は今日のお昼ご飯は
天下一品でこってりラーメンを食べてきました。

>あのテーマソングも聴くとすぐにワクワクするくらい大好きです。
いいですよね〜。
偶然にも今、後ろでかけている音楽が
「スタンド・バイ・ミー」になったところです。
あまりのタイミングの良さに驚いています。
Posted by マミイ at 2014年06月08日 17:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画「スタンド・バイ・ミー」観ました
Excerpt: イラストはいつか描きます。 原題:STAND BY ME 製作:アメリカ’86 監督:ロブ・ライナー 原作:スティーヴン・キング ジャンル:★青春/ドラマ1950年代後半、オレゴン州の小さな..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2014-05-28 14:52

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。