2008年01月19日

兄弟ゆえの愛憎


ゆれる
製作2006年 日本 監督:西川美和
脚本:西川美和
出演:オダギリジョー、香川照之


オダギリジョーと香川照之の演技が素晴らしかったです。
一応恋愛もからむのですが、そんなの関係ね〜!って感じでした。
対照的な兄弟、兄の想い、弟の想いを
きちんと描いてはいないのですが・・・・・(笑)
きちんと観えないからこそ考えさせられました。

(あらすじ)
山梨の田舎から東京へ出てプロの写真家として成功した猛は
母の一周忌のため実家に帰ってくる。
兄、稔は父の経営するガソリンスタンドで父を手伝っている。
頑固な父と反発する猛との仲を持つのはいつも稔の仕事だった。
稔と猛は幼なじみの智恵子を誘って3人で渓谷へ遊びに行く。
稔と智恵子がつり橋を渡っている時智恵子は橋から落下、
水死してしまう。
最初は事故死と思われていたが、稔は「自分が突き落とした」と
警察に自白し・・・・・。


都会で華やかに暮らす自由奔放な弟と
田舎で父の面倒を見つつ、結婚もせずに地味に暮らす兄。
正反対に見えても仲は良かったけれど、
お互いがお互いの存在を尊重しつつも
コンプレックスを抱いている・・・・・
人間、誰しも隣の芝生は青く見えるものですね。

途中から法廷劇に移行するのですが、
コレがなんともビミョ〜でした。
事件を追い詰めていく感じがなく、
緊迫感が感じられませんでした。


オダギリジョーは実は今まではそんなにカッコイイとも
何とも思っていなかったのですが、
エロいです!セクシーじゃなくてエロい!!
いい意味で下品な雰囲気が漂ってました。
ステキでした。

香川照之も良かったです。
さすが、静かなるドン!(ネタが古〜〜〜〜い、笑)
地味で静かなんだけれど、芯の強さを感じさせてくれました。


posted by マミイ at 10:24| 大阪 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
・・・こんにちは。

そんなエロい素敵なオダギリを香椎がかっ攫って行きました(涙)
Posted by もよ at 2008年01月19日 13:38
もよさん、はじめまして。
そういえば、年末に結婚されてましたね。

私は気づくのが遅すぎたようです。
Posted by マミイ at 2008年01月19日 17:08
オダジョー、エロかったですねー。

この役はほとんどヤリチンですからね。

真木ようこの部屋に上がりこんで、すぐやってましたね。

しかも最中に「舌出せ」とか命令してたな。(笑)

恋愛でもセックスでも女の子をリードしたいタイプですね。
そんでいざとなったら逃げるタイプです。(間違いない)
ヤリチンとゆーより、ヤリ逃げ君ですね。
男の本性を潔く出し切って、熱演でした。

エロさが際立ってましたね。

最中に女の子の舌をナメて興奮するエロセンスがポイント高いです。
上級者ですよ。上級者!(爆)
Posted by shit_head at 2008年01月20日 23:41
師匠、オダジョーはエロいっす。
映画が始まってすぐにアシスタントか秘書か
わかんないですが、女の子とちちくりあってましたしね。
でも、不思議とイヤな感じはしなかったんですよ。
なんか許せちゃう・・・みたいな。
オダジョーは逃げ方も上級者っぽいです。(笑)


舌の場面は見逃してました。
そんなトコに注目する師匠も
上級者ですよ、上級者!(笑)
Posted by マミイ at 2008年01月21日 13:07
 マミイさん、こんばんは

この記事も古いから・・・。(笑)

事件が起きるまでが、異様に長く時間を感じました。
でも、その後は非常に面白かったです。
あの兄貴の心情は、よく理解できる気がしたし、シンパシーを感じました。
あの兄の立場と僕は、非常に似てるんです。
男兄弟の兄、父親からの小さな商売を継いで、弟は好きな仕事へ、気難しい父親と同居、モテナイ(これは弟と似た者同士)etc。
一応、兄弟とも結婚出来たので、その辺は違うけど、結婚前なら、かなり似てる。

だから、解かる気がします。(自分がされたように)自分の気持ちを土足で踏みにじられた時、弟なら「どうするか?」を見てみたい、という捨て鉢な気持ち。(本当の所は、どっちだって良かったんだと思うし、兄は弟がどう出るか、最初から解かっていた〜あの答えの方が、兄貴には気が休まるんですよ)
バット・エンドだけど、ハッピー・エンドでもある、素晴らしい終わり方でした。

この脚本を女性が書いた、というのは吃驚。

オダギリジョーは汗臭いキムタクという感じで、苦手なタイプでした。(笑)
Posted by 鉦鼓亭 at 2013年08月15日 22:29
追伸

先日、記事にした「さよなら渓谷」と似たものが多いです。(どちらも、真木よう子さんが出てるし。
このニ作品、題名を入れ替えても違和感が無いです。(笑)
Posted by 鉦鼓亭 at 2013年08月15日 22:33
鉦鼓亭さん、おはようございます。

>この記事も古いから・・・。(笑)
あはは(^^;お察しの通り、細かいところはあまり覚えていません。

>あの兄の立場と僕は、非常に似てるんです。
おぉ、そうなんですか。
状況が似てるとよりはまりこんで観れますよね。
私は二人姉妹の妹なのですが、
姉と自分の違うところを比べたり
コンプレックスほどではないですが
そういう気持ちはすごく理解できました。

>この脚本を女性が書いた、というのは吃驚。
人間誰しもが多かれ少なかれ、心の奥底に持っている感情なのかもしれませんね。


>オダギリジョーは汗臭いキムタクという感じで、苦手なタイプでした。(笑)
あはは!
私も普段のオダギリジョーは苦手な方です。
(っていっても、ドラマも邦画もほとんど観ないのでそんなに知りませんが)
最近アンジェリーナ・ジョリーの記事の時にちょっと書いたのですが、
女性受け、男性受けする色気ってあると思います。

>先日、記事にした「さよなら渓谷」と似たものが多いです。
「ゆれる」は私が観た最近の邦画の中では印象に残っている方なので
「さよなら渓谷」も観てみたいと思います。
「さよなら・・・」の時にも書きましたが、
邦画って洋画に比べるとラブシーンが生々しいような気がします(^^;
Posted by マミイ at 2013年08月16日 04:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。