2008年01月19日

三者三様の正義


L.A.コンフィデンシャル 原題:L.A. CONFIDENTIAL
製作1997年 アメリカ 監督:カーティス・ハンソン
原作:ジェームズ・エルロイ
脚本:ブライアン・ヘルゲランド、カーティス・ハンソン
出演:ラッセル・クロウ、ガイ・ピアース、ケビン・スペイシー
キム・ベイシンガー


刑事モノです。
主役級3人とも個性的でおもしろかったです。

(あらすじ)
深夜のカフェで6人の射殺事件が起きる。
被害者には元刑事もいた。
バド・ジャック・エドの3人の刑事は事件を追っていく。
犯人を逮捕し事件は解決したかに思えたが・・・・・。


事件の黒幕などはよ〜く考えるとすぐにわかるのですが、
3人それぞれのアプローチ方法があり、
その他の事件もあり、退屈せずに観る事ができます。

ガイ・ピアースは先日観た『メメント』と全く違う印象、
真面目っ子の嫌味な感じになっててビックリしました。
『プリシラ』でも違う感じだし、色んな顔を持ってますね。
嫌味な感じだったけど、なぜ刑事になろうとしたのかを
聞いてからは更に印象が変わりました。
かっちょいいです!男ですね!!

ガイ・ピアースだけでなく、ラッセル・クロウも
ケビン・スペイシーもよかったです!
それぞれ形は違うけど、正義を貫こうと
していたのだなと思いました

最後の銃撃戦も手に汗握ります。
オトコの映画です!!

2012.07.25追記 
ブログDEロードショーの企画で再見しました。

バドとエドは両極端で『ブラック・ダリア』の
ファイアー&アイスみたい。
こういう設定ってよくあるのかなぁ・・・と
思っていたら、同じ原作者で「L.A.四部作」
というシリーズものだったのでビックリしました。
監督もキャストも違うのにわかるもんなんですね〜。
(ちなみに『ブラック・ダリア』が第一部、
本作が第三部らしいです。)

初見時は三者三様の・・・と書きましたが
今回はバドとエドばかり目立っていて
ジャックはそうでもないなぁと思いました。
(ケビン・スペイシーじゃなかったら
印象に残っていなかったかも。)

舞台は1950年代のL.A.
この頃はまだ警察だから善!っていう感じでは
なかったみたいですね。
字幕では出なかったですけど
普通の新聞ですら黒人のことを「Negro」と
表現してました。
そういう時代だったのですね。
色んな細かいところもこだわって作っているようでした。

現在でもまっすぐな正義感だけでは
物事を解決できないときもあります。
かといって暴力に暴力で対抗して
相手と同じ土俵に立つのもどうかと思うし・・・
微妙なさじ加減が必要です。難しいです。


ところで、登場人物の多かったこの映画、
どこかで見たことある人がいっぱいいました。
冒頭しか出なかったけれど
マフィアのボス、ミッキー・コーエンは
「CSI」のブラス警部ことポール・ギルフォイル、
俳優くずれのマットはサイモン・ベイカーで
「THE MENTALIST」のジェーンです。
(私はこのドラマ未見なんですが、
ずっと気になっているんです。)
ダドリー警部役のジェームズ・クロムウェルや
検事役のロン・リフキンもどの役とは言えませんが
この人見たことある!ある!ってずっと思ってました。


わかったような気になっているカタカナ邦題を
訳してみるようにしてはいるのですが
CONFIDENTIALとは
腹心、機密、ないしょ、非公開という意味らしいです。
警察が隠したかった秘密、それぞれが抱えていた秘密、
そしてこれから抱えていく秘密・・・・・
それらを考えながら観ると
また味わい深い作品になりそうですね。

いい再見の機会を与えてくださってありがとうございました!


posted by マミイ at 01:22| 大阪 ☀| Comment(10) | TrackBack(2) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
観る前は「ブラックダリア」と混同してたんですが、同じ原作者でしたか。わたしはあれも苦手意識を持ってて…。内容を理解してたか怪しいです。再見した方がいいのかなぁ?

ミッキー・コーエンがブラス警部だったとは!
ぜんぜん気付かなかったです。そうか〜、マフィアのボスも出来るのか〜。もう警部のイメージが焼きついてるから、それ以外は彼と認識できないかも(笑)

あと、原題の意味調べるの忘れてたので助かりました。
そういう意味だったんですね〜。この作品にピッタリです。
今回もご参加ありがとうございました!
Posted by 宵乃 at 2012年07月25日 11:31
宵乃さん、こんにちは。

>わたしはあれも苦手意識を持ってて…。
>内容を理解してたか怪しいです。
>再見した方がいいのかなぁ?
あちらは小説が原作とはいえ
本当の未解決事件を基にしているので
『ゾディアック』にも近いものがあると思います。
私は内容はほとんど覚えていませんが
とにかくモヤモヤしたのだけ覚えています。
再見するとまた気持ちが変わるかしら・・・。

>ミッキー・コーエンがブラス警部だったとは!
冒頭だけの登場でしたが、ブラス警部でした!
最初にそこにひきつけられてしまいました。笑
L.A.が舞台だったのでちょっと感慨深かったです。

>そういう意味だったんですね〜。
一応日本語にもなっているみたいなんです。
国語辞典にもコンフィデンシャル・レターなどで
載っていました。
でも、あまりなじみのない単語ですよね。

今回は再見でしたが、新たな発見がたくさんあって
とても楽しかったです。
また次回もよろしくお願いします。
Posted by マミイ at 2012年07月25日 13:59
こんばんは☆
今日は色々と有難うございました☆

>今回はバドとエドばかり目立っていて
>ジャックはそうでもないなぁと思いました。

え〜っ!?
そうだたんですか〜?

う〜ん、最初からテレビの件で目立っていたというか、
目立ちたがりのイヤなヤツって感じで、一番印象に残って、
そこから序盤の件へ入っていったので、
後半1/3ほど出演しない代償で
良い役してんな〜みたいに思いました。
同じ映画を見て人それぞれ違うので、面白いですね!

今回もご一緒できて嬉しかったです☆
また次回以降も、良かったらご一緒しましょ〜う♪
Posted by miri at 2012年07月25日 18:59
miriさん、こんにちは。

今回は『ブラック・ダリア』の主人公たちに
バドとエドを重ね合わせてしまい
(と言っても『ブラック・ダリア』も
それほど覚えていないのですが・・・。)
ジャックはいま一つ、つかみきれなかったので
そう思ったのかもしれません。
三人の中で唯一刑事になるきっかけを聞けなかったし。

>同じ映画を見て人それぞれ違うので、面白いですね!
本当にそうですね!
普段は自分と違う意見のブログをチラ見して
(知らない人のばかりですけど)
サラッと流してそれで終わる事が多いのですが
ブログDEロードショーだと
自分も普段より考えながら観ているためか
色々な意見を素直に受け入れやすいです。

また次回もよろしくお願いしま〜す!
Posted by マミイ at 2012年07月26日 10:12
マミイさん、こんばんは

コメント&TBありがとうございます

「ブラック・ダリア」は僕もあまり覚えてませんがジョシュ・ハートネットって最初はあまり好きじゃなかったのに、イイ感じに渋くなってきたなあとは思いました。
最近あまり見かけませんけどジョシュ

ジャックはバドとエドに比べるとあえて一歩引いて描かれてたのかもしれません。
まだ若くて失敗もして、それでもガムシャラに突き進んで、ラストでようやく何かを成し遂げたっていう二人に比べると、ジャックは年齢や経験もあるのでしょうが達観してる感はありました。
ただジャックもハッピーエンドを迎えていたらどういう風に生きていくのだろうな、それも見たかったです。
Posted by バーンズ at 2012年07月27日 12:53
バーンズさん、こんばんは。

>最近あまり見かけませんけどジョシュ
私が学生の頃はイケメン俳優的扱いだったのですが
(私の琴線には触れませんでしたが(^^;)
最近確かに見ませんね〜。しみじみ。

>ジャックはバドとエドに比べると
>あえて一歩引いて描かれてたのかもしれません。
ハリウッドでの主演経験のなかった二人をひっぱる
マラソンのペースメーカー的存在だったのかもしれません。
ケビン・スペイシー演じるジャックがいなければ
ここまでおもしろい映画にはならなかったと思います。


>ただジャックもハッピーエンドを迎えていたら
>どういう風に生きていくのだろうな、
>それも見たかったです。
おいしいとこだけとっていく
目立ちたがり屋のジャックではなくなっていましたよね。
いい方に変わったジャックを私も見てみたかったです。
そして、刑事になったきっかけを聞いてみたかったです。
Posted by マミイ at 2012年07月27日 21:21
マミイさん、こんにちは!
この度は一緒に映画を観てくださって
ありがとうございます!!

私も原作を読んでみたいな〜と思いました。
映画の『ブラック・ダリア』はあまり記憶に残っておらず、
そんなに面白く感じませんでした・・・。
原作者が同じなんですね!!原作の方はおもしろそうですね!

ジャックは意志半ばでフレームアウトだったので残念です。
やっぱりエドとバドのダブル主演な作品でしたね。

今回私は初めて観たので、
またいつか、再見したいなと思いました♪
Posted by なるは at 2012年07月28日 10:39
こんばんは!!(^^♪

>CONFIDENTIALとは腹心、機密、ないしょ、
>非公開という意味らしいです。

なるほどですね!LAの機密ってことですね・・
事実を隠蔽するしか無いのかな〜、と思いますが、
映画なんで現実離れした展開もありでは?なんて思ってます。
事実を公にしたら収拾つかなくなったと思いますが・・(^▽^;)

皆さんの記事を読むにつれ、この映画が
ますます面白い映画のように思えてきました!!
近いうちに再見したいです!(^^)

Posted by take51 at 2012年07月29日 20:31
なるはさん、こんにちは。
この映画をリクエストしてくださってありがとうございます。
再見のいい機会となりました。

>映画の『ブラック・ダリア』はあまり記憶に残っておらず、
>そんなに面白く感じませんでした・・・。
実は私も『ブラック・ダリア』はもやっと感が強くて
あまりおもしろく感じませんでした(^^;
未解決事件がベースだと真犯人がどうしても
ぼやけてしまいがちですよね(>_<)

>ジャックは意志半ばでフレームアウトだったので残念です。
これから・・・ってところだったので
とても残念でしたね。
だからこそ、ドラマは盛り上がるのかもしれませんが。

再見もとてもよかったですよ!
時間をおくと新たな発見があるかもしれません。
Posted by マミイ at 2012年07月31日 08:28
take51さん、こんにちは。

>事実を隠蔽するしか無いのかな〜、と思いますが、
>映画なんで現実離れした展開もありでは?なんて思ってます。
現実離れもやりすぎるとドン引きしちゃう危険性もあり
難しいところですよね。
エドが最初の質問で答えたように
全てが真っ白では何も解決しないんですよね(>_<)
でも、最近の原発のニュースなんかを見ると
隠蔽されたほうとしてはモヤモヤしてしまいますよね。
隠すほうは市民が知ってもどうしようもない、
知らないほうが幸せだと思ってるかもしれませんが
勝手に判断してほしくないですよね。
Posted by マミイ at 2012年07月31日 10:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

一緒に「L.A.コンフィデンシャル」を観ませんか?
Excerpt: <みなさんの記事> 陽面着陸計画 『L.A.コンフィデンシャル』 映画鑑賞の記録 (2−908) LAコンフィデンシャル (2回目) おもしろい本が読みたい!! 「L.A.コンフィデンシャル」(..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2012-07-25 11:12

L.A.コンフィデンシャル
Excerpt: L.A.コンフィデンシャル / L.A. CONFIDENTIAL 1997年 アメリカ映画 ワーナー・ブラザーズ製作 監督:カーティス・ハンソン 製作:アーノン・ミルチャン  カーティ..
Weblog: RISING STEEL
Tracked: 2012-07-27 12:54

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。