2008年01月14日

思ったより激しかった


ロボコップ 原題:ROBOCOP
製作1987年 アメリカ 監督:ポール・バーホーベン
脚本:エドワード・ニューマイヤー、マイケル・マイナー
出演:ピーター・ウェラー、ナンシー・アレン


中学生の時に友達と一緒に彼女の母に連れて行ってもらって
観に行った記憶があります。
なぜ覚えているかというと、メガネを忘れていったため
字幕が全く見えなかったという苦い思い出があるからです。(笑)
その後も何度もテレビ放映などで観ているのですが、
こんなにバイオレンスあふれてるとは思っていませんでした。

(あらすじ)
犯罪の多発する地区の警察署に赴任してきたマーフィ。
同僚のアンとともにパトロール中、現金を強奪したグループを
発見し追い詰めるが逆に銃を乱射されてしまう。
その後マーフィは記憶を消され、ロボコップとして
犯罪を撲滅するために生まれ変わったのであった・・・・!


かなりブラックな描写がたくさんありました。
銃でカラダの一部分が吹っ飛ばされたり・・・とか。
なのに、笑えるんです。
報道番組の合間に入る皮肉タップリのミョ〜なCMとか
なんじゃ、こりゃ〜!?と思いつつもいい味出してます。
バランスが素晴らしいですね!

今観ても、十分通用する話でした。


posted by マミイ at 22:38| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしも同じですよ。
小さい頃に何度か観てるはずなのに、こんなにバイオレンスな作品だったとまったく覚えてなくて。
再見してビックリしました。
1作目はロボコップの出ているシーンはシリアスで、敵のミニチュア感たっぷりなロボットの動きがコミカルでした。

>報道番組の合間に入る皮肉タップリのミョ〜なCM

「1ドルで楽しむべ〜」ですね。
結局何のCMだったんだか(笑)

ところで、このブログを開くと、タブに表示されるタイトルにHTMLタグが表示されてしまっていますよ。
テンプレのソースの上の方にブログタイトルがあると思うので、「子育て」の両側にあるタグを削除すれば消えるはずです。
Posted by 宵乃 at 2014年09月16日 12:48
宵乃さん、お久しぶりです。
コメントを長らく放置してしまってすみません。

携帯電話を機種変更したら、お知らせがうまくきてなかったみたいで気づいていませんでした。
申し訳ありません。

>小さい頃に何度か観てるはずなのに、こんなにバイオレンスな作品だったとまったく覚えてなくて。
本当にそうですよね。
バーホーヴェン監督ってすごいなぁと改めて思います。

HTMLタグの事も教えてくださってありがとうございます。
慣れない事をすると、ダメですね(^^;
少しずつ映画観れるといいんですけど。
またいつか、お願いしますね。
Posted by マミイ at 2014年11月22日 06:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。