2008年01月13日

不器用ですけど


単騎、千里を走る。 原題:千里走単騎
製作2005年 中国・日本 監督:チャン・イーモウ、降旗康男
脚本:ヅォウ・ジンジー
出演:高倉健


チャン・イーモウは高倉健の大ファンだったそうで
正に高倉健のイメージそのもの!といった感じの映画でした。
(といっても、私は健さんの事そんなに知らないですが。)
寡黙で人付き合いが下手。
不器用なんだけれども自分にできる精一杯の事をする
・・・・・そんな健さんがステキでした。

(あらすじ)
高田剛一は息子健一と絶縁状態になって長い年月が過ぎた。
ある日健一の妻から健一が入院した事を知らされ
東京の病院に見舞いに行くが面会を断られる。
その時に渡されたビデオを見た剛一は、健一の代わりに
中国に行き仮面劇を撮影してくる事を決意する・・・・・。


多分、もっとうまいやり方が他にあったはずなんです。
息子との関係も中国に渡ってからのやりとりも。
それをやらないのが健さんであり、
できないのが健さんらしいなと思いました。

中国のキャストは一部を除いて素人?一般人、
ガイドさんも通訳さんも村長さんも
みんなその職業の人なのだそうです。
なのでみんな、素朴で自然な感じが出てました。

不器用で言葉が通じなくっても、
ココロは伝わるのだな〜と思いました。


posted by マミイ at 09:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。