2008年01月10日

ままならないのが人生

ウィルバーの事情 原題:WILBUR WANTS TO KILL HIMSELF
製作2002年 デンマーク・イギリス 監督:ロネ・シェルフィグ
脚本:ロネ・シェルフィグ、アナス・トーマス・イェンセン
出演:ジェイミ・ーサイヴ、エイドリアン・ローリンズ


日本劇場未公開作なのですが、割と観やすかったです。
話の内容もかなり重いのですが悲壮感はそんなになかったですし。
ラストもなんだかほっこりしました。

(あらすじ)
無愛想なのに子供に人気な保育士ウィルバーは
女性にももてるが、なぜか本人は自殺を繰り返している。
兄のハーバーはウィルバーが心配でいつも弟を気にかけている。
ハーバーはアリスと結婚し、幸せな生活が始まるはずだったが、
末期癌である事が発覚する・・・。


傍からみるとウィルバーは恵まれていると思うのですが、
本人はそう思っていないのか、何度も自殺を繰り返しています。
結構きつい事も言ったりするのですが、
でもなぜか憎めないのです。
だからこそ、子供にも好かれるのかも。

ハーバーは本当に苦労人でいい人で、
幸せになってもらいたかったです。

死にたいと思ってもなかなか死ねず、
死にたくないと思っても死にゆく運命・・・・・
人生ってままならないものだけど、それでも
あがいてもがくのは人として当たり前。
ウィルバーもハーバーもアリスもみんな一生懸命生きていたから
色んな展開にも嫌悪感を抱かず観る事ができたのかも。
ラストもいい感じでした。


ウィルバーの主治医役のマッツ・ミケルセンが
かっこよかったです。
『007/カジノ・ロワイヤル』とか『キング・アーサー』にも
出演しているそうなのでチェックしてみようと思います。


posted by マミイ at 00:28| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。