2008年01月05日

言葉がなくても通じる気持ち


ニューヨーク東8番街の奇跡 原題:BATTERIES NOT INCLUDED
製作1987年 アメリカ 監督:マシュー・ロビンス
脚本:ブラッド・バード、マシュー・ロビンス、
ブレント・マドック、S・S・ウィルソン
出演:ジェシカ・タンディ、ヒューム・クローニン


スティーブン・スピルバーグ製作総指揮の
心温まるSFコメディです。
言葉が通じなくても気持ちは伝わるものですよね!


(あらすじ)
ニューヨークの下町で高層ビル建設のために
安アパートを追い出されそうになり
地上げ屋カルロスに手痛い仕打ちを受けている住人達。
ある晩突然迷いこんできた飛行物体に
最初はとまどうものの、徐々にココロを通わせていく・・・・。


宇宙からの訪問者、ものすごくカワイイです!
思わず顔がほころんでしまいます。
一宿一飯の恩義・・・じゃないけど、
みんなにご恩返しする姿も微笑ましかったです。

主役の老夫婦を演じたジェシカ・タンディと
ヒューム・クローニンは実生活でも夫婦だったそうです。
私、お年寄り好きなのですが、2人ともステキでした。
ジェシカ・タンディのボケてるんだか、ボケてないんだか
って雰囲気がよかったです。
最後、正気(?)になった姿を見て
ちょっと泣きそうになってしまいました。
ある程度年を取ったら何にもわからず、
夢の世界で生きててもいいかもしれません。
(当人は現実を知った方がいいと思うのかもしれませんが。)

ストーリー的には文句なしのハッピーエンド!
鑑賞後ステキな気持ちになれます。


posted by マミイ at 20:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。