2007年12月28日

日々蓄積された思い


URAMI 怨み 原題:BRUISER
製作2000年 アメリカ 監督:ジョージ・A・ロメロ
脚本:ジョージ・A・ロメロ
出演:ジェイソン・フレミング、ピーター・ストーメア


平々凡々で周囲から小ばかにされている男が
ある日豹変してしまうお話です。
事件を起こすのは普段、そんな事するとは到底思えない人、
どんな人だったかも思いだせない・・・・・
本作は突拍子もないストーリーですが、実は
よくあるコトなのかもしれません。

(あらすじ)
ヘンリーは雑誌BRUISER(タフガイ)の編集者だが
妻に相手にされず、職場でも社長にバカにされている。
頭の中で復讐するものの実行された試しはない。
ある日ヘンリーは目覚めると自分の顔に白い仮面がくっつき
取れなくなってしまった。
その日からヘンリーは豹変、周囲へ報復を開始する・・・・・。


日頃おとなしくて何も言い返せない人ほど
実は過激なコトを考えているのかもしれませんね。
列車で横入りしたおばさんをとっつかまえて
殴りかかる・・・っていう妄想、
自分はあんまりした事がないのでビックリしてしまいました。
あっ、でも、時々子供を壁なんかに思いっきりぶち当てたい!
って妄想はした事があるので
(当然実行した事はないですよ!!!)
誰にでもそういう事はあるのでしょうか。
妄想でとどめておくのか、本当に実行してしまうのか、
そこのところの違いはなんなのでしょうね?


posted by マミイ at 14:22| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。