2007年12月27日

哀しき男の運命


デッドゾーン 原題:THE DEAD ZONE
製作1983年 カナダ 監督:デビッド・クローネンバーグ
原作:スティーブン・キング
脚本:ジェフリー・ボーム
出演:クリストファー・ウォーケン


スティーブン・キング原作です。
人にはない能力を持ってしまったとき、
それは喜ぶべきコトなのでしょうか?

(あらすじ)
ジョニーは交通事故にあい、5年の昏睡状態から
奇跡的に回復した。
その直後から手に触れるとその人の過去や未来が
わかるようになった・・・・・・。


こういう能力を獲得した場合、人の為に使わないと
非難されてしまうのでしょうか?
わらにもすがる思いで助けを求めるのはわかりますが、
やって当然とばかりに事件の解明を要求する周りの人は
ちょっと冷たいのではないかな、と思いました。

自分の予知した未来を変えるために男は動きます。
例え誰にも理解されない事だったとしても。
それがすごく哀しかったです。


スリーピー・ホロウの首無し男の話が時々出てくるのですが、
後にクリストファー・ウォーケンがこの首無し男を
演じたのは運命なのでしょうか?
関係ないかもしれませんが、不思議な縁を感じました。


posted by マミイ at 20:52| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。