2007年12月12日

何がでるかな・・・?


用心棒
製作1961年 日本 監督:黒澤明
脚本:黒澤明、菊島隆三
出演:三船敏郎、仲代達矢


黒澤明監督の痛快時代劇。
三船敏郎がいいですね。
角のないサイコロのようにどこに転がるかわからない
二転三転するストーリー展開がおもしろかったです。

(あらすじ)
ヤクザの縄張り争いで殺気立つ宿場町にやってきた
腕の立つ浪人、桑畑三十郎。
対立する一家に用心棒として自分を雇うよう売り込むが・・・。


飄々として捉えどころがない主人公に三船敏郎が
見事にはまってます。
豪胆で何を考えてるかわからないけれど、
心の底はあったかい・・・・そんなイメージにぴったりです。

清兵衛一家と丑寅一家を行ったり来たり、
更に対立させるよう火に油を注いでみたり、
自分でバッタバッタと敵をなぎ倒したり・・・・
緊張感あふれるシーンでは手に汗握りました!


私的には居酒屋の親爺、東野英治郎さんが
観れたのが嬉しかったです。
ご存知!?テレビ版初代水戸のご老公さまです。
水戸黄門といえば私の中では東野英治郎さんですね。
ラスト、カッカッカ・・・と高笑いしてほしかったかも!?


posted by マミイ at 10:47| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 西部劇・時代劇・歴史もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
黒澤映画はほとんど観てないんです。
織田裕二主演の『椿三十郎』を観る前に三船敏郎主演
オリジナル版を観たいと思ってはいるんですが・・

水戸黄門といえば東野英治郎さんですよね!!
二代目以降はあんまり見てないんです。
Posted by しんのすけ at 2007年12月12日 13:56
私は黒澤作品・・・というか、
邦画をほとんど観た事がないんです。
耳が悪いからセリフが聞き取りにくいんです(>_<)
最近はヘッドフォンで快適に聴こえるので
邦画もアグレッシブに観ていきたいな♪
と思ってるんです。

やっぱりご隠居は東野英治郎さんですよね!
私も2代目以降はニセ黄門のイメージが^^;
Posted by マミイ at 2007年12月12日 21:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。