2007年12月10日

それぞれの思惑の中で・・・


200本のたばこ 原題:200 CIGARETTES
製作1998年 アメリカ 監督:リサ・ブラモン・ガルシア
脚本:シャナ・ラーセン
出演:ベン・アフレック、ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン
コートニー・ラブ、ポール・ラッド、クリスティーナ・リッチ


軽〜いノリで観れました。
たくさん人が出てきて最終的に1つの点に収束していく・・・
というお話は大好きです。

(あらすじ)
1981年12月31日。
モニカは年越しパーティを開くが客が来るか不安。
ケヴィンは誕生日だが彼女にふられたためにふてくされていて
腐れ縁のルーシーに愚痴る。
モニカの元彼エリックは彼女に突然ふられてしまう。
モニカの従妹ヴァルは友人のステフィとパーティ会場を探すが
迷って怪しげな街に行きトムとデイブに出会う。
純情でおっちょこちょいのシンディはジャックとの
初デートに緊張して・・・・・。


100分ほどの映画にエピソードがてんこ盛りなので
あっという間に終わります。
「新年を1人で寂しく過ごすのなんて絶対にイヤ!」というのが
基本のコンセプト。
孤独から逃れるためにみんながあがく気持ちは
なんとなくわかります。

ところで、ベンとケイシーは似てないですね。
最後までわからなかった私ってばいったい・・・・・。
(2人が絡むシーンもなかったですし。)

ケヴィン演じるポール・ラッドがよかったです。
特にモミアゲが!!!(笑)
『ナイト・ミュージアム』『40歳の童貞男』
『俺たちニュースキャスター』『サイダーハウスルール』
などにも出てます。
どこに出てたかわかるような、わからないような・・・。
とりあえず、『ナイト・ミュージアム』を
再チェックしてみたいっす。


posted by マミイ at 12:21| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラブ・ロマンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。