2007年12月07日

オンナは変わる!


ニキータ 原題:NIKITA
製作1990年 フランス 監督:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン
出演:アンヌ・パリロー、ジャン=ユーグ・アングラード
ジャンヌ・モロー、ジャン・レノ


初めにニキータが登場した時は少年・・・・どころか
獣のようにしか見えなかったのに、他人に心を開いてからの
変わりざまに驚きました。
お話も切なくてよかったです。

(あらすじ)
ニキータはヤク中で警官を殺して無期懲役となるが
国の為に働く工作員としての訓練を受けることになる。
問題ばかり起こしていたニキータであったが、
工作員として任務を次々とこなしていく・・・・・。


喜びの絶頂に突然指令を言い渡され、どん底に突き落とされる
ニキータが切なかったです。
恋人マルコにも真実を言えず、ひたすらに指令をきくのみ。
切ないったらありゃしない!!

終わり方が唐突でビックリしてしまいましたが
それはそれでよかったのかなぁ・・・・。
これからハリウッドリメイクの『アサシン』を観て
違いを楽しもうと思います。


ジャン・レノは掃除屋ヴィクトルを演じています。
このキャラを膨らませて作ったのが『レオン』だそうです。
ヴィクトル、めちゃ怖かったんですけど・・・・。
国交関係を崩さないように慎重に仕事をしなきゃいけないのに
全て、キレイさっぱり「お掃除」しちゃうんですから!
そういえば、『パルプ・フィクション』にも
掃除屋さんが出てきてましたね。


posted by マミイ at 23:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。