2007年12月05日

不思議な世界


デリカテッセン 原題:DELICATESSEN
製作1991年 フランス 
監督:ジャン=ピエール・ジュネ、マルク・キャロ
脚本:ジャン=ピエール・ジュネ、マルク・キャロ、ジル・アドリアン
出演:ドミニク・ピノン


『アメリ』の監督ジャン=ピエール・ジュネの初期の作品です。
もっと怖いのを想像していたのですが、不思議な感じでした。

(あらすじ)
食糧難の近未来、アパートの大家兼肉屋の主人は
求人広告をみてやってきた人を捕まえては
住人に肉を売っていた。
そうとは知らず、職を求めてやってきたルイゾンは・・・・・。


『アメリ』も不思議でしたが、『デリカテッセン』も
かなり不思議ワールド炸裂です。
すんごくブラックでえげつない設定ではありますが
そんなに嫌な感じはしませんでした。

肉屋の主人だけでなく、アパートの住人もかなりくせ者ぞろい。
まともなヒトはいたのかなぁ?


posted by マミイ at 23:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議系・難解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。