2007年12月02日

ゆるく優しく


メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
原題:LOS TRES ENTIERROS DE MELQUIADES ESTRADA
製作2005年 アメリカ・フランス 監督:トミー・リー・ジョーンズ
脚本:ギジェルモ・アリアガ
出演:トミー・リー・ジョーンズ、バリー・ペッパー


お話があちこちするのですが、脚本はイニャリトゥ監督御用達!?の
『アモーレス・ペロス』や『21g』、『バベル』を書いた
ギジェルモ・アリアガです。
でも、イニャリトゥ作品とは違って穏やか〜に進んでいきました。
トミー・リー・ジョーンズの優しさがにじみ出ているようでした。

(あらすじ)
テキサス州のメキシコとの国境沿いの町で
不法滞在中のメキシコ人の死体が発見される。
名前はメルキアデス・エストラーダ。
彼の友人である老カウボーイのピート・パーキンズは
犯人を突き止め、以前にメルキアデスから頼まれていた
ある事を実行しようとする・・・・・。


トミー・リー演じるピートは普通に考えたらおかしいんです。
親友に頼まれていたからってそんな事していいんかい!?って
よ〜く考えたら思うのですが、
なぜか良い事をしているようにしかみえないんです。
ピートとメルキアデスの静かな友情に心打たれます。

国境警備隊のマークを演じたバリー・ペッパーもよかったです。
『25時』の時は、やり手の証券マンだったのですが、
今回はどっちかっていうと情けない系・・・
テキサスの大平原の中で仕事中に○○○ーをしようと
するのはアッパレでした。(笑)
ぶーたれてる顔か、困ってる顔かどっちかしか
観なかったような気もしますが、ひきつけられちゃいました。


posted by マミイ at 21:23| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 青春・友情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。