2007年12月02日

理解できない世界


華麗なるギャツビー 原題:THE GREAT GATSBY
製作1974年 アメリカ 監督:ジャック・クレイトン
原作:F・スコット・フィッツジェラルド
脚本:フランシス・フォード・コッポラ
出演:ロバート・レッドフォード、ミア・ファロー


F・スコット・フィッツジェラルド原作、
フランシス・フォード・コッポラ脚本による
アメリカ上流階級が舞台のお話です。
しかし、私にはいまいち感情移入できませんでした。
庶民の私にはわからない世界だから!?

(あらすじ)
1920年代、ニックは大学時代の友人で富豪であるトムの
家の近所に引っ越してきた。
トムの妻デイジーはニックの従妹でもあった。
トムには愛人がいて夫婦仲はうまくいってない様子。
ある時ニックは隣人のジェイ・ギャツビーと親しくなり
彼からデイジーと会う場を設けてほしいと依頼される・・・。


主人公はニックなのですが、とっても寡黙な人物で
ほっとんど何も言いません。
(ニックは夫妻ほどお金持ちではないので言えないのかも。)

ギャツビー氏の立ち回りもなんだかよくわかりませんでした。
優しいんだか、なんだか・・・・。
デイジーの態度が一番煮えきらなくって
最初は夫に不倫されてて同情的に観ていたのですが
最終的に彼女のいう事なす事ほとんど全てにどないやねん!と
つっこみたくなってしまいました。

ギャツビー氏が1人でからまわってしまった感じになり
結末も哀しかったです。
ニックにはちゃんと本当のことを言ってほしかったです。
まあ、トム夫妻に真実を告げたところで
何か変わったとは思えませんが。


ところで、ロバート・レッドフォードの若い頃ってば
ブラッド・ピットに似ていませんか?
なんか時々見間違えてしまいそうになります。
(どっちものファンに「全然違う!」と怒られそうです^^;)


posted by マミイ at 18:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。