2007年11月29日

過去は消せないのか?


ヒストリー・オブ・バイオレンス 
原題:A HISTORY OF VIOLENCE
製作2005年 アメリカ 監督:デビッド・クローネンバーグ
原作:ジョン・ワグナー、ヴィンス・ロック
脚本:ジョシュ・オルソン
出演:ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロ、エド・ハリス


自分のよく知る人物、愛する人物が思い描いていた人物像と
全く違っていたとき、人はどう反応するのでしょう。
それでも愛し続ける事ができるのでしょうか?
裏切られた、騙されたと感じて全てを終わりにするのでしょうか?

(あらすじ)
トム・ストールは田舎町でダイナーを経営していた。
ある日店にやってきた強盗を射殺、見事に撃退し
店員の命を救ったトムは一躍ヒーローになる。
数日後店に怪しげな男達が現れ、トムの事を「ジョーイ」と呼び
トムや家族に執拗につきまとうようになった・・・・・。


銃で撃たれた人がやたらめったら生々しかったです。
頭ぶっとばされて血がドバッとなるので
流血モノが苦手な人は注意が必要です。
(私は平気な方ですが、「ひえ〜」と思う場面がありました。)

妻役のマリア・ベロがキレイでエロかったです。
高校生の息子がいるのにチアガールのコスプレして
夫にとびかかってしまうのがナイスでした。

含みをもたせた終わり方だったので
ストール家の今後が気になりました。


posted by マミイ at 22:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。