2007年11月27日

嵐のように揺れる感情


熱いトタン屋根の猫 原題:CAT ON A HOT TIN ROOF
製作1958年 アメリカ 監督:リチャード・ブルックス
原作:テネシー・ウィリアムズ
脚本:リチャード・ブルックス、ジェームズ・ポー
出演:ポール・ニューマン、エリザベス・テイラー


テネシー・ウィリアムズ原作の戯曲の映画化です。
最初は嵐の前の湿気た空気のように重苦しいのですが、
やがて本格的な嵐が到来、そして凪がくる・・・・
舞台物って場面の派手さはないですが
感情はクルクルと変わってひきこまれてしまいますね。

(あらすじ)
マギーとブリックは夫婦仲が険悪でケンカばかりしていた。
ブリックの父でアメリカ南部の大農場主のビッグダディは
癌で余命幾ばくがないが本人には知らされていない。
ブリックの兄夫婦は父の遺産を狙っており・・・・・。


最初は本当に重苦しいです。
ブリックが何にいらついて酒におぼれているのか
わからないですし・・・・・・。
それが感情のぶつかりあい、「嵐」がやってきて
心の奥底が判明する頃にはストーリーにひきこまれています。

ケンカも悪い事ばかりじゃないですね。
雨降って、地固まる・・・・お互いを理解するために
感情をぶつけあうのも必要なのかも。


戯曲ではブリックは同性愛者であり、
そのためにも苦悩しているらしいのですが
映画ではその辺りはぼかされていました。


posted by マミイ at 13:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。