2007年11月21日

親の幸せと子の幸せ


世界で一番パパが好き! 原題:JERSEY GIRL
製作2004年 アメリカ 監督:ケヴィン・スミス
脚本:ケヴィン・スミス
出演:ベン・アフレック、リブ・タイラー、ジェニファー・ロペス


主演のベン目当てではなく、彼の友達のマット・デイモンが
ちょこっと出てるというヨコシマな理由で観ました。
ストーリーはちょっと毒はあるものの、
ハートウォーミングな感じでした。
子役の女の子がかわいかったです。

(あらすじ)
オリーは音楽業界の宣伝マンでバリバリ仕事をこなし
最愛の妻とニューヨークで順風満帆な人生を送っていたが、
娘の出産と同時に妻が急死してしまう。
妻の死にショックを受け娘を放置し仕事に没頭するが
とんでもないヘマをおこして仕事をクビになってしまい
父のいるニュージャージーの実家に帰る。
娘は7歳に成長し、良き父親となったオリーであったが・・・。


ステイタスのある仕事をバリバリこなして
都会で暮らすだけが幸せではないんです。
やっぱ、家族が一番っす!
モノにあふれてても忙しくて一緒にいられないんだったら
多少貧乏でもみんなで一緒にいる方がいい!
そう思わせてくれる映画でした。

ウィル・スミスも出てて子供について語る場面があったのですが
観てもないくせに『幸せのちから』を思ってしまいました。
私の中ではウィル・スミスは子煩悩というイメージがあります。


しかし、リブ・タイラーの役どころが謎でした。
レンタルビデオ店で働き、男性がポルノビデオを借りる事を
大学院の論文に書こうと研究している・・・・!?
なんやかんやでベン・アフレックに積極的に
アタックして2人は急接近するわけなのですが、
その展開はさすがに無理があったような。

家族愛の映画なんだけど、お子様と一緒に観るのは不向き
・・・・・かなぁ。


posted by マミイ at 07:34| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 家族愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメント遅れてすみませんm(__)m

子供が、親を親に成長させるものなんだなぁって感じました。

親も、初めは子供ですからね。

ベンの子育ては素敵だなぁと感じた映画でした。
Posted by 蔵星 at 2007年11月24日 18:26
蔵星さん、コメント&TBありがとうございます♪

子供が生まれたからっていきなり親に
なれるもんではないようです。
私も日々子供に教えられ成長している毎日です。
・・・・成長できてないかも^^;

ベンの娘役の子はおませでとってもかわいかったですね。
Posted by マミイ at 2007年11月24日 19:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

世界で一番パパが好き!(2004年) DVD鑑賞
Excerpt: 脇役達が豪華で驚きました。本人役のウィル・スミスとか…。o(^-^)o 一番の感想は、ベン・アフレックの父親役は、まだ早い?、ですね。 映画で彼を観るのは初めてなんですけど、彼はまだ独身だし、お父..
Weblog: Jelly Beans vol.2
Tracked: 2007-11-22 00:22

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。