2007年11月16日

カラダが覚えてる


ボーン・アイデンティティ 原題:THE BOURNE IDENTITY
製作2002年 アメリカ 監督:ダグ・リーマン
原作:ロバート・ラドラム
脚本:トニー・ギルロイ、ウィリアム・ブレイク・ヘロン
出演:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ


ある日自分が何者であるかわからなくなったら
どうしたらいいんでしょう?
しかも、なぜか超人的な技が使えるとしたら・・・・・
なかなかスリリングな展開でおもしろかったです。

(あらすじ)
嵐の夜に海を漂流していた男、漁船に引き上げられ救助されたが
それまでの記憶がいっさいない。
唯一の手がかりであるスイスの銀行に行くと
ジェイソン・ボーン名義の複数のパスポートと
各国の紙幣を手に入れる。
自分は誰なのか、わからないまま命を狙われる・・・・!


敵の手中に入らなければ、自分が何者であるかわからない。
とても厳しい状況です。
記憶がないだけならまだしも、瞬時に警備員を倒してしまうなど
自分でもビックリの能力がある。
俺は誰だ〜〜〜!?何なんだ〜!!って知りたくなるのは
当然ですよね。


いい感じの終わり方なので3部作であることに
ある意味ビックリしました。
とりあえず、これから『スプレマシー』を観るです!


posted by マミイ at 18:05| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 刑事・犯罪・スパイもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マミイさん、こんばんわっ!

いい感じに終わってるのに続編を撮っちゃうのがハリウッドだなー。って感じません?
大体1作目はどっちに転ぶか分からないから無難に終わりますよね。ヒットしたら続編だ!!みたいな。(笑)

やっぱ“アイデンティティ”って生きてく上で重要なものなんでしょうね。僕の場合、それがないと精神が崩壊しちゃいそう。(笑)

Posted by Cuomo at 2007年11月17日 00:07
Cuomoさん、おはようございます。

コレは映画館に観に行ったんですよ。
マット・デイモン好きなので。
めでたし、めでたしで満足した数年後
続編が出たのでビックリしました。

いかにも続きそうな含みをもたせた終わり方してるのに
続編が出ないものありますよね。

アイデンティティって大事ですよね。
自分を構築する礎。
最初に邦題を聞いたときは
ボーンが名前だと思わなくて
アイデンティティが生まれるってどんな話かと
不思議に思ってました。
Posted by マミイ at 2007年11月19日 06:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。