2007年11月01日

お手軽に楽しめる


モンテ・クリスト伯 原題:THE COUNT OF MONTE CRISTO
製作2002年 イギリス・アイルランド 監督:ケヴィン・レイノルズ
原作:アレクサンドル・デュマ
脚本:ジェイ・ウォルパート
出演:ジム・カヴィーゼル、ガイ・ピアース


フランスの文豪、アレクサンドル・デュマの長編小説の映画化です。
私は原作を読んだ事がないのですが、楽しめました。
(大長編をコンパクトにまとめたので、むしろ小説のファンからは
不満があるようです。)

(あらすじ)
正直者のエドモン・ダンテスは貧しい船乗りであったが
船長に抜擢され、美しい婚約者メルセデスとの婚礼も決まる。
しかし友に裏切られ国賊として城に幽閉されてしまう。
13年後やっとの思いで脱獄したエドモンは
モンテ・クリスト伯と名をかえ復讐を誓うのであった・・・・。


ジム・カヴィーゼル、かっこいいです!
幽閉され髪の毛ボサボサ、ヒゲぼうぼうになっても
眼がステキでした♪
かっこよすぎて10年の時の隔たりをあまり感じなかったかな〜
という残念さはありました。

メルセデスの息子、アルベールを演じたヘンリー・カヴィルも
なかなかかっこよかったです。
(雰囲気がジム・カヴィーゼルに似てる!?)
ジェームス・ボンド役をダニエル・クレイグと
争っていたらしいです。
現在公開中の『スターダスト』にも出演しているらしいので
観に行こうかな〜と急に思い立ちました。(笑)

ストーリーは原作がしっかりしているせいか
勧善懲悪でわかりやすいですし、ラストもよかったです。


posted by マミイ at 12:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。