2007年10月30日

確かにいっぱいだ!


危険がいっぱい 原題:LES FELINS
製作1964年 フランス 監督:ルネ・クレマン
脚本:ルネ・クレマン、パスカル・ジャルダン、
チャールズ・ウィリアムズ
出演:アラン・ドロン、ジェーン・フォンダ


邦題が・・・・う〜む。
でも『太陽がいっぱい』同様、アラン・ドロンが
まぶしくかっこよかったです。
しかし、運転姿勢はちょっとかっこ悪かったかな。

(あらすじ)
マルクはニューヨークのギャングの妻に手を出した事がばれ、
パリで拉致され殺されそうになる。
命からがら逃げ出したが一文無しのマルクは
謎多き未亡人バーバラに運転手として雇われる・・・・・。


しょっぱなから危険がいっぱいでした。
謎もいっぱいでとってもミステリアスな展開、
最後も怖かったです。

その割にあっさりと終わってしまった印象も否めません。
なんだかわかったような、わからなかったような・・・・。


posted by マミイ at 14:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。