2007年10月24日

すばらしき親子愛


ステラ 原題:STELLA
製作1990年 アメリカ 監督:ジョン・アーマン
原作:オリーブ・ヒギンズ・プローティ
脚本:ロバート・ゲッチェル
出演:ベット・ミドラー、ジョン・グッドマン


↓の『ステラ・ダラス』のリメイクです。
『ステラ・ダラス』で製作を担当したサミュエル・ゴールドウィンの
息子、サミュエル・ゴールドウィンJr.が本作の製作です。
(ここにも親子愛がある・・・・・!?)
設定がより現代的になっていてより共感しやすいです。

(あらすじ)
ステラは下町のバーで働いていたが、客であった研修医の
スティーブンと仲良くなり、彼の子を身ごもる。
スティーブンは責任をとるためプロポーズするが
ステラは断り、母1人で娘ジェニーを育てる事に。
やがて娘は成長して・・・・・。


ベット・ミドラーがいいです!
顔の造作的にはバーバラ・スタンウィックの方が上ですが、
ベット・ミドラーの表情がステキ!!
大口で笑った表情、しゅんとしぼんじゃった表情、
どれも魅力的でした。

ストーリーもこちらの方が共感しやすいです。
『ステラ・ダラス』はなんだかんだ言いつつも
結婚して夫のお金で養育してもらってましたが
(時代的に女が働くなんて選択肢はなかったでしょうし、
シングル・マザーなんてご法度だったでしょうが。)
『ステラ』では女手一つで娘のためにがんばる姿、
勝気でプライドの高いステラがプライドも何もかもなげうって
ただただ娘の幸せを願う姿に感動しました。

ジョン・グッドマンもよかったです。
エドは飲んだくれでろくでなしなんだけど、
ジョン・グッドマンが演じると、それでもどこかほっとけない
人の良さを感じました。

密かにベン・スティラーも出てました。
前に観た時は気づかなかったのですが、
娘のろくでなし彼氏役でした。


とにかくラストのステラの表情・・・・・これがすんごくいい!
母の愛はあの表情に集約されていると思います。
どんなに悪態つかれようが、ひどい仕打ちを受けようが、
今は離ればなれになってしまったかもしれないけれど、
親は常に子供の事を思ってます!
全ての母がそうである!・・・・・・はず。


posted by マミイ at 15:08| 大阪 | Comment(3) | TrackBack(0) | 家族愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後のシーンには、母の愛を強く感じました。

リメイクだとは初めて知りました。
Posted by 蔵星 at 2007年10月25日 00:33
>密かにベン・スティラーも出てました。
前に観た時は気づかなかったのですが、
娘のろくでなし彼氏役でした。

これも初めて知りました。芸歴長いんですね、彼。
Posted by 蔵星 at 2007年10月25日 00:37
この映画のラストシーンは本当に胸が熱くなりますね。
『ステラ・ダラス』もサイレント映画の
リメイクなのだそうです。
いいお話は何度繰り返してみてもいいものです。

私も今回初めて気づきました。
オープニングのクレジットにも
ベン・スティラーとしっかりと名前が出てました。
Posted by マミイ at 2007年10月25日 14:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。