2007年10月23日

飲んだ時くらい・・・

4 原題:4 CHETYRE
製作2005年 ロシア 監督:イリヤ・フルザノフスキー
脚本:ウラジミール・ソロキン
出演:マリーナ・ヴォフチェンコ、セルゲイ・シュヌロフ
ユーリ・ラグータ


ロシア語、難しいです。
数字の4はчетыре、日本語でチェトィリエと読むそうな。
「よん」だから「や行」にしようか、
「フォー」だから「は行」にしようか迷ったんですけど
ロシア語の読み方に準ずることにしました。

(あらすじ)
深夜のバーに偶然居合わせた男2人と女1人。
それぞれ精肉会社社長、ピアノ調律師、娼婦なのだが
自らの職業を偽ったほら話をする。
夜が明け、現実に戻った3人は・・・・・。


私は政治のことはよくわからないのですが、
ロシアはまだまだ不安定な社会なのでしょうか?
そんな印象をこの映画からうけました。

飲んだときぐらい現実を忘れ、
空想の世界にひたりたくなる気持ちはわかります。
っていうか、ロシア人はやっぱりよく飲みますね。

「ワイン2本?・・・・・少ないわ。」
「ロシアの女なら2リットルはいけるよ。」
・・・・・さすがですね。

ばあちゃん達の飲みっぷりもすごかったです。
村で事件が起こるたびに「わ〜〜〜!」って走りながら
知らせに駆けつけてきて、まずはコップにお酒(ウォッカ?)を
注いでグイッ!と飲むばあさんが私的にツボでした。


posted by マミイ at 09:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。