2007年10月21日

ヒーローなんだけど


ロケッティア 原題:THE ROCKETEER
製作1991年 アメリカ 監督:ジョー・ジョンストン
原作:ディヴ・スティーブンス
脚本:ダニー・ビルソン、ポール・デ・メオ
出演:ビル・キャンベル、ジェニファー・コネリー
アラン・アーキン、ティモシー・ダルトン


ヒーローものかと思って観たのですが、
純粋に人助けをしたのは1回(しかも自分の知り合い)だけで
そういうのを期待している人にはハズレかもしれません。

(あらすじ)
飛行機乗りのクリフは初飛行でトラブルにあい
愛機がボロボロになり、大会に出場できなくなる。
恋人で女優志望のジェニーともケンカしてしまう。
そんな時、偶然背中に背負って飛べる小型ロケットを発見し
「ロケッティア」と呼ばれるヒーローになる。
しかし、有名になったことによりロケットを奪おうとする者に
狙われるようになり・・・・・・。


『アビエイター』でも描かれた富豪のハワード・ヒューズが
登場したり、ハリウッドサインに対する小ネタがあったりと
ところどころでニヤリとさせられます。

空を飛ぶ爽快感やヒーローとしての人助けなどよりも
ロケット争奪の攻防や主人公の恋愛がメインなので、
どの年齢層を対象にしてるのかな?と思いました。


posted by マミイ at 17:14| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パッケージやあらすじ紹介をみると、まるでヒーローモノみたいですよね。
実際は、落ちていたものを勝手に借りて、大会出場のためにお金を稼ごうとする青年の話なんだからお笑いです。
しかも、一番戦ってたのはヒロインだったかも(笑)

終盤は愛国心万歳みたいなところもあって、アメリカでは子供の頃からこういうのを見せておく感じなのかなぁと思いました。
Posted by 宵乃 at 2011年08月29日 11:53
宵乃さん、こんにちは。

パッケージなんかはヒーローものっぽいですよね。

>しかも、一番戦ってたのはヒロインだったかも(笑)
あはは、確かに!
主人公の事はあんまり記憶に残っていません。

アメリカ人って自分の国が大好きな人が多い印象ですが
やっぱり、映画つくりからして違いますね。
Posted by マミイ at 2011年08月29日 17:01
こんにちは。

かなり昔に観ましたが、大好きな作品の一つです。
超能力はなく高性能ロケットだけしか持っていませんが、あの不恰好なマスクが、どんどん格好良くなっていきました。

ラスト近くで、アメリカ国旗がはためくところなんて感動です!(^^)/

トラックバックさせていただきました。
Posted by 白くじら at 2011年09月17日 14:43
白くじらさん、こんにちは。
もう退院されましたか?
手術とは大変でしたね。

あのマスク、あのロケット・・・
イラストやジャケットはなかなかかっこいいですよね。
再見して国旗の部分を確かめてみたいです。
Posted by マミイ at 2011年09月17日 20:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画「ロケッティア」観た
Excerpt: 製作:アメリカ’91 原題:THE ROCKETEER 監督:ジョー・ジョンストン 原作:ディヴ・スティーヴンス ジャンル:アクション/SF1938年ロサンゼルス。FBIとギャングの抗争に..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2011-08-29 10:26

ロケッティア
Excerpt: 1991年(THE ROCKETEER) 製作国:アメリカ 監督:ジョー・ジョンストン 製作総指揮:ラリー・フランコ 製作:ローレンス・ゴードン 原作:ディヴ・スティーヴンス 脚本:ダニー・ビルソン ..
Weblog: MOVIE-DIC
Tracked: 2011-09-17 14:38

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。