2007年10月21日

不謹慎だけど、おかしい


毒薬と老嬢 原題:ARSENIC AND OLD LACE
製作1944年 アメリカ 監督:フランク・キャプラ
原作:ジョセフ・ケッセルリング
脚本:ジュリアス・J・エプスタイン、フィリップ・G・エプスタイン
出演:ケイリー・グラント、プリシラ・レイン


おかしな人々がたくさん出てきておかしな事を繰り広げます。
よくよく考えると、とっても不謹慎な設定なのですが
ついつい笑ってしまいます。

(あらすじ)
ブルックリンにあるお屋敷に住む老女、ブルースター姉妹は
身寄りのないお年寄りに毒入りのワインを飲ませて
天国に送ってさしあげるのが親切だと信じて疑っていない。
甥のモーティマーがその事実に気づき、
何とか事態を収拾しようとするが・・・・・。


連続殺人を実にあっけらか〜んと微塵の罪悪感も持たずに
行っている老姉妹。
あまりの落ち着きっぷりにアタフタと大慌ての甥っ子、
ケイリー・グラントがだんだん変な人に見えてきてしまいます。

とはいえ、ケイリー・グラントは魅力的ですね。
のりつっこみのようなボケ、派手に驚いた表情。
思わず笑ってしまいました。
ドロドロしたところがなく、明るいコメディ映画に
仕上がっているのはケイリー・グラントのおかげかも。


posted by マミイ at 11:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コメディ・ブラックコメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。