2007年10月15日

愛があるから厳しい

ラース・フォン・トリアーの5つの挑戦
原題:DE FEM BENSPAEND 製作2003年 デンマーク 
監督・出演:ヨルゲン・レス、ラース・フォン・トリアー


相手をいじめたい、やりこめたいっていうのではなく、
このくらいの事はできるだろう、この人なら必ずすごい事を
してくれる、という期待がある時には
相手に対して厳しくなってしまいます。
そういった愛情が本作品から感じられました。


(あらすじ)
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』や『ドッグヴィル』で有名な
ラース・フォン・トリアーが地元では超有名、彼自身も
尊敬しているドキュメンタリー監督ヨルゲン・レスに対して
ヨルゲンが1967年に製作した『パーフェクト・ヒューマン』の
セリフリメイクを命じる。
ただし、トリアーがとんでもない条件をつけて・・・・・。


ヨルゲン・レスは日本では紹介された事のない人らしいので
当然オリジナルは観た事がないです。
でも、洗練されたおしゃれな映画でした。
色々な悪条件(笑)のもと、セルフリメイクされたものは
どれもこれもステキでした。
同じ映画でも手法が変わると随分違う印象になるのですね。

嬉々として変な条件をつけるトリアー、
困ったな〜と言いながらも素直に応じ、
しかも制約の中で見事な作品を作りあげるレスの
やりとりがよかったです。
レスの方が年上なのですが、やんちゃ坊主から
無理難題を言われてしまい、がんばって実現しようとする
おとうさんのようでした。


ラース・フォン・トリアーの作品は元気な時に観ないと
こっちまで(精神的に)落ちてしまうんですが
コレは割と気軽に観れました。
まあ、「ラース・フォン・トリアーの」と言いながらも
トリアーは条件出してるだけですから。


posted by マミイ at 07:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 実在の人物・事件が元ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。