2007年10月12日

設定が怖い


アザーズ 原題:THE OTHERS
製作2001年 アメリカ・スペイン・フランス
監督:アレハンドロ・アメナーバル
脚本:アレハンドロ・アメナーバル
出演:ニコール・キッドマン、フィオヌラ・フラガナン


実は私、コレを観るの2回目です。
1回目は夜中に1人で観ていて泣きそうになったので
今回は昼間にトライ。(笑)
設定が怖いです。

(あらすじ)
1945年イギリス。グレースは霧に囲まれた古いお屋敷に
子供達と3人で住んでいた。
グレースの夫は戦争に行ったきり帰ってこない。
娘と息子は重度の光アレルギーであり、
カーテンをしめきった暗い部屋で過ごしている。
お屋敷に見知らぬ3人が使用人になりたいと来た時から
グレースの周りで不可解な事が起こり始める・・・・・。


美しい女性、古い洋館、真っ暗な部屋、青白い肌の子供達・・・
何から何まで怖いです。
ギャ〜〜!と叫ぶような恐怖ではないけれど、
ジワジワと迫りくる怖さがあります。
観終わった時の衝撃など、とてもいい作品だと思います。


posted by マミイ at 15:35| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | サスペンス・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地縛霊とは、一定の場所を離れる事が出来ずそのままそこに留まり続ける霊…だといいますが、自分達が死んだ事に気づかないでずっと以前と変わらない生活をし続ける霊?というのもその部類に入るのかな?と思いました。

ある意味でアザ-ス=見知らぬ誰かとは、霊達からすれば自分達の屋敷に無断で入ってきた生きている人間達の事を指すのかも?と思いました。
Posted by かのな at 2012年01月16日 12:14
かのなさん、こんにちは。

私は実際には霊は見た事はありませんが、
もしかしたら自分が死んでる事に気づかないで
そこに留まっている者もいるかもしれませんね。

そういう霊だったら、いきなりの侵入者にビックリしてしまうのも
合点がいきますよね。
ニコール・キッドマンの美しい顔が
恐怖で歪むのは観ていて怖かったです。
怖い映像が出なくったって、ジワリジワリと迫ってくる
怖さがありました。
Posted by マミイ at 2012年01月16日 15:04
こんばんは、折角上がっているので私も…。(^^)

オチが判って再度鑑賞に耐えれる作品だったと思います。
通常の明るさを恐怖にし、霊の視点からという逆手に取ったアイデアが恐怖を醸し出していたと思います。

かのなさんと同じで、私もアザーズとは彼らにとっての侵入者をも指していると思います。

トラックバックさせていただきました。
Posted by 白くじら at 2012年01月16日 19:43
白くじらさん、おはようございます。

私は最初に観たのがこちらだったので
「シックス・センス」よりも衝撃度が大きく、
また、本作の方が好きだったりします。

ホラー映画はあまり観ない方なのですが、
この映画の恐怖感は他とはちょっと毛色が違うものだと思います。

ニコール・キッドマン視点で描かれていますので
アザーズはやはり皆さんご指摘のように
(彼女たちにとって)後から入ってきた人たちの事を指しており
彼女たち自身の事も指すというダブルミーニングなんでしょうね。
Posted by マミイ at 2012年01月17日 07:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アザーズ
Excerpt: 必ずドアを閉めてから、次のドアを開けること。 2001年(THE OTHERS) 製作国:アメリカ、スペイン、フランス 監督:アレハンドロ・アメナバール 製作:フェルナンド・ボヴァイラ、ホセ・ルイス..
Weblog: MOVIE-DIC
Tracked: 2012-01-16 19:34

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。