2007年10月10日

ややこしや〜

ブレイン・スナッチャー 恐怖の洗脳生物
原題:THE PUPPET MASTERS
製作1994年 アメリカ 監督:スチュアート・オーム
原作:ロバート・A・ハインライン
脚本:デビッド・S・ゴイヤー、テッド・エリオット、
テリー・ロッシオ
出演:ドナルド・サザーランド、エリック・タール


もうすぐ公開のニコール・キッドマン主演の『インベージョン』と
同一原作なのかと思っていたら、全くの別物でした。
本作はロバート・A・ハインラインの「人形つかい」
『インベージョン』や『ボディ・スナッチャー』は
ジャック・フィニィの「盗まれた街」が原作です。
どちらも寄生エイリアンもの・・・ややこしいったらありゃしない。

(あらすじ)
アイオワの田舎町に突然飛来したUFO。
調査のために科学情報局局長や研究者が現地に赴くが
住民に違和感を抱く。
住民達は次々に寄生生物に体を乗っ取られていたのだ!
局長達は対策を練ろうとするが、エイリアンはどんどん
仲間を増やし続けていく・・・・・!


局長のドナルド・サザーランドが渋いです。
眼が息子キーファーに似てますね。
常に冷静沈着で、めちゃかっこよかった!

脳や脊髄に触手を突き刺して人間を操るエイリアン。
想像するだけで気持ち悪いです。
「ナメクジ」って言われてたけど、マンタに似てるかも・・・。
学習機能をもっていて、どんどん自分の悪いところをなくして
進化していくエイリアンが怖かったです。


『ボディ・スナッチャー』(1978年)は私は未見なのですが、
観てみたくなりました。
こちらにもドナルド・サザーランドが出てるそうです。
・・・・・ますますもって、ややこしい!


posted by マミイ at 09:53| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。