2007年09月30日

これぞまさに完全再現!


カフカの「城」 原題:DAS SCHLOB
製作1997年 オーストリア・ドイツ 監督:ミヒャエル・ハネケ
原作:フランツ・カフカ
脚本:ミヒャエル・ハネケ
出演:ウルリッヒ・ミューエ、スザンヌ・ロタール


カフカは高校の時に「変身」を読んだ事があります。
朝起きたら突然毒虫になっていたという・・・・・。
この映画は「城」という未完の長編小説を忠実に再現しています。
不条理極まりないッス。

(あらすじ)
測量技師のKはある村の城から仕事を依頼されてやってきた。
しかし、「そんな仕事はない。」と言われる。
村人から城や関係者の話を聞くもまったくもって曖昧で
いまいち要領をえない・・・・・。


「城」という小説なのですが、ただの一度として
お城が画面に登場する事はありません。
それぐらい変なお話です。
すごく不思議な映画でした。

未完の小説を完全に、忠実に再現しているので
終わりも突然やってきます。
それもまた、すごいな〜と思いました。

漫画家の藤子・F・不二雄さんは「ドラえもん」を、
多田かおるさんは「イタズラなkiss」を描いてる途中で
なくなられています。
作者の頭の中ではラストはいったいどういう風に
しめくくられていたのだろうと、考えずにはいられません。


posted by マミイ at 22:57| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 不思議系・難解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。